2018/11/24 土曜日: 18:35:48: 未分類


「みかん一座 輝け瞳!~この指とまれの35年」の本が県内の本屋さんに並んでいます。

 南海放送に入社して3年経った頃、26歳の時でした。仲間と一緒に立ち上げたアマチュアミュージカル劇団。一回だけの公演のはずが35年も経って、振り返るといろいろなことがありました。
公演ごとのエピソードや、メンバーの座談会、関わって下さった方からのメッセージなど、240ページフルカラーで作りました。
南海放送のアナウンサーの皆さんが多く出てくれた「オランダおイネ~一番星咲いた~」のページには、当時のパンフレットからの写真も入れています。(パンフレットは白黒だったのです)

 また、南海放送のアナウンサーとして仕事をしていた昔の写真などもたくさん出ています。懐かしいアナウンサーの顔も・・・。

 
 ぜひ、読んでみてくださいね。よろしくお願いします。税込2000円です。

2018/05/17 木曜日: 15:46:58: 未分類

 南海放送を定年退職して、フリーのアナウンサーとしてお仕事が始まっています。プレゼンターの皆さんの仲間入りをさせていただきます。節子の部屋も、残していただけてよかったー!初めての場所は、ちょっとドキドキ・・。どうぞ、よろしくお願い致します。

2018/04/27 金曜日: 12:08:20: 未分類

 南海放送にアナウンサーとして入社して37年が経ちました。4月3日に還暦になったので、4月30日に定年退職です。
テレビやラジオ、イベントなどたくさんの仕事を通して、みなさんと出会えたこと本当に幸せに思います。
南海放送は今年創立65年。5年前の60年の時「感謝 感激 ありがとう」という記念曲を作らせていただき、当時のアナウンサーが手話を交えて歌いテレビでも放送していました。つい最近、その映像を見たのですがみんな5年前は今より若い。あらあら私が一番変わってる。還暦に向かっていろんなものが衰えてしまったのねー。でも、今はそんなことは言ってられません。29,30日にある、みかん一座の公演「輝け命!」では、セリフも多いし、歌や踊りもあるし、うかうかしていられないのです。年やから・・なんて言い訳できない。がんばるぞー!
 今回の公演は、83歳を長老に70代60代のメンバーが多く、私はまだ若手(笑)。人生の先輩方が輝いている姿を見ると、まだまだこれからじゃ!と勇気がわくのです。
 定年退職しても、ラジオの番組は続けるものもあるのでこれからもよろしくお願いします。

2018/03/30 金曜日: 19:10:53: 未分類

「皆様、おはようございます。歌のない歌謡曲の時間です。この番組はパナソニックがお送りします。」
月曜から金曜の朝7時、歌のない歌謡曲を長い間担当してまいりましたが、今日の放送で卒業いたしました。
番組の最後のご挨拶をここに記します。

「歌のない歌謡曲は、南海放送が開局したその日から放送している、南海放送で一番長い番組です。代々、先輩方が担当し、私は1985年1月に藤田真由美先輩からバトンタッチされました。
それから、33年3カ月。もうすぐ、私は60歳、還暦になるので、人生の半分以上歌のない歌謡曲と共に歩んできました。喜びも悲しみも、この番組は全部、包み込んでくれたような気がします。
 今日は3月30日、昭和33年生まれの私が、歌のない歌謡曲を担当して33年3カ月。
この卒業の日の最後の曲は、何にしようかと考えたのですが、やはり愛燦々しかないと思いました。皆さんから愛をたくさんいただき、励まされてきた33年間でした。
歌のない歌謡曲を担当できたことを誇りに思います。ありがとうございました。
私からバトンを渡すのは、月岡瞳アナウンサーです。実は、彼女は33歳。
愛を込めてしっかりバトンを渡します。
皆様、月岡アナウンサーをどうぞ温かく育ててあげてください。お願いいたします。
長い間、本当にありがとうございました。お相手は、戒田節子でした。
皆様、今日も一日お元気でお過ごしくださいね。
歌のない歌謡曲、この番組は、パナソニックがお送りいたしました。」

 このご挨拶をするのに、胸が詰まって仕方がありませんでした。歌のない歌謡曲は、私のアナウンサー人生の柱だった番組です。
 たくさんの方々に出会いました。たくさんのCMを作りました。たくさんの思い出ができました。
本当にありがとうございました。



月岡瞳アナにバトンタッチ!
ありがとうございました!

2017/12/28 木曜日: 21:11:14: 未分類

 2017年も、終わりが近づきましたね。節子の部屋を読み返してみたら、♪なんた~るち~や~♪。
4回しか書いてない。すみません。
今年は、バタバタバタバタ・・バタバタ鳥のように東京や長野や大阪や大分や岡山や・・県外を飛び回っておりました。だから、いろいろなことがあったのですが書けなくてごめんなさい。

 今年の最初の話題は、絵本の「ワニ夫のなみだ」の読み聞かせを小学校で行ったことでした。
その絵本が今年12月に布の絵本になりました。と言うのは、西条おもちゃ図書館「ぽけっと」代表の高橋伊都子さんが「ワニ夫のなみだ」を読んで感動してくださり、手作りリーダーの高原千代美さんらメンバー約10人が10年間かけて絵本の絵をそのまんま布で表現。素晴らしい布絵本ができました。

ひと針ひと針、心を込めて丁寧に縫って出来上がった布絵本。大きくてずっしり重い。紙の本と違って布の厚みがあるので、3つに分けて完結。12月9日に「ぽけっと」20周年記念クリスマス会の中で初披露。音楽も入れながらとっても上手に読んでくださいました。もう感動!
「ワニ夫のなみだ」は、絵はイラストレーターの青木のりあきさん、物語は私が書いています。
ミュージカル絵本と題して「♪」のついている歌詞は、読む方が自由に曲をつけてね、というものです。
本当に楽しい読み聞かせでした。世界にひとつしかない「ワニ夫のなみだ」の布絵本を作ってくださり、ありがとございました。

 今年は、嬉しいこともたくさんあったけど、悲しいお別れも多かった。早坂曉先生も逝かれました。12月31日午前10時半から、追悼番組「最後のメッセージ」が放送されます。みかん一座のことを励ましてくださった早坂先生の追悼番組に、みかん一座のメンバーが再現ドラマで出演させていただいています。私も早坂先生のお母さん役で・・。想いを込めて演じさせていただきました。

 出会いと別れと・・繰り返しながら年を重ねてきました。そのすべてに感謝できる自分でありたいと思います。ありがとうございました。
皆様、来年も元気で会いましょうね。

2017/08/30 水曜日: 09:57:35: 未分類

「皆様 おはようございます。歌のない歌謡曲の時間です。この番組はパナソニックがお送りします。」と、朝7時から始まるラジオ番組「歌のない歌謡曲」。南海放送が開局した1953年10月1日から、ずーっと続いている長寿番組です。私は1985年1月から担当していますから、な、なんと!いつの間にか32年と8カ月。回数にしたら何回になるのでしょう?

ところで、毎朝いろいろなパナソニックの製品を紹介していますが、時代と共にどんどん新しい製品が登場してきました。CMしていると買いたくなるんです。よって我が家は、パナソニックの家電がいっぱい!実際に使うとその特徴や良さがさらにわかるんですね。

さて、これから登場する新製品、見てきましたよー。
来年の3月に創業100周年を迎えるパナソニックは、「次の100周年をつくろう」をコンセプトにした「クリエイティブ!キャンペーン」を展開しています。その説明会や新製品などの内覧会が東京で行われ、全国の「歌のない歌謡曲」担当者が集合!

 現在、番組のディレクターを担当している月岡瞳アナウンサーと一緒に行ったのですが、
たくさんの家電に興味津々。もうわくわくしながら写真をたくさん撮ったので見てくださいね。










写真を見ると、何かがすぐわかると思いますが、最後の写真は???
これね、テレビの薄さに驚いて私の体の厚みと比較しようと撮ったんです。私はこんなに厚くなり、パナソニックのテレビはこんなに薄くなりました。私も薄くなりたい!

2017/08/01 火曜日: 12:39:56: 未分類

 私じゃないよ。(そんなことわかっとらい!という声が聞こえます。)

 今日は、アマチュアミュージカル劇団「みかん一座」の33歳の誕生日なんです。
1984年8月1日、「ミュージカルする人、この指とまれ!」の呼びかけに集まったのは、高校生・大学生・20代の若者たち、約50人。
「ミュージカルって何なん?」「どんなことするん?」・・当時は、ミュージカルを見たこともない人が多かったのです。
そんな中で、私は見よう見まねで台本を書き、8月1日に集まった人たちの前で台本片手に全部演じました。説明するよりわかりやすいと思ったから。来た人たちは、目をまん丸にして見てくれました。私は、汗だくで本気で全ての役を演じたのです。

 そんな8月1日から始まったみかん一座。33年も続くとは夢にも思いませんでした。たくさんの公演を行ってきましたが、本番の舞台を迎えるまでの苦しさは今になって思えば良き思い出です。
「どんな時も希望をすてず 輝く瞳を失わず 夢に向かって歩いてゆこう 自分の心にまっすぐに!」
この合言葉を繰り返しながら重ねてきた33年間でした。
メンバーもどんどん変わっていきました。関わってくれた人は、2000人以上。
いろんな人のそれぞれの人生の中で、みかん一座でがんばった思い出が残っていたら、私はとても幸せです。
そして、応援してくださった方々に感謝しています。ありがとうございます!

2017/02/13 月曜日: 19:24:03: 未分類

昨日の愛媛マラソンは、青空の下で感動の一日でした。
ランナーの皆さん、今日は体がギシギシしてロボットみたいな動きをしている方も多いのではないでしょうか?

私は昨日、去年経験した愛媛マラソンの事を思い出しながらの一日でした。
ラジオ番組「せっちゃんの頑張れ頑張れ 声援隊」が終わってから、39.3K地点に行き、
沿道で帰りの選手に声援を送りました。川内優輝選手が力強い足取りで走って来た時は
興奮し叫んでいました。「がんばれー!がんばれー!」
ものすごい速さで去っていきます。後3㎞という地点でこの走り・・。すごい!と驚きました。
その後、3時間半ほど、そこで立ったままで必死で声援を送り続けました。
「ファイトー!ファイトー!」「がんばれ、がんばれ、がんばってー!」
知ってる人、知らない人、関係なく全てのランナーに向かって・・・。
そして、今度はランナーと並行しているそばの道を走って声援。沿道の人達は途切れることなく応援していました。
ランナーの必死の姿は、意識が朦朧としてほとんど記憶がないままでゴールした去年の自分と重なりました。
ゴール近くで「もうすこしー、もうすこしー、がんばれー!」と声の限り叫びながら、涙が出てしかたありませんでした。
私もこうして、沿道の皆さんに応援をしていただいたんだと思うと改めて感謝の気持ちがあふれました。

去年はランナーとして多くのことを経験させていただき、今年はランナーの応援を沿道の皆さんと一緒にさせていただきました。
いろんな体験から思うことは・・ランナーも応援も、そして全てのスタッフ、関係者・・みんなが本気で必死にがんばっている。それをさらに強く実感できました。
「やっぱり愛媛マラソンは日本一じゃけん!」と誇らしい気持ちになり、胸が熱くなりました。


ありがとうございました。来年もがんばりましょう!

2017/02/02 木曜日: 15:39:54: 未分類

 民間放送教育協会では「子ども未来プロジェクト」の一事業として「読み聞かせ事業」を実施しています。南海放送も毎年行っており、過去にはアナウンサーが大勢で「坊っちゃん」を芝居風に朗読したこともありますが、去年・今年は私が担当させていただきました。去年は、坂本義喜さん原作の絵本「いのちをいただく~みいちゃんがお肉になる日~」を朗読しに行きましたが、今年は嬉しいことに学校の先生のリクエストもあり、私が書いた物語の絵本「ワニ夫のなみだ」(絵はイラストレーター、青木のりあきさん)を取り上げさせていただきました。
<

 「ワニ夫のなみだ」は、もう25年も昔に書いたものです。イラストレーターの青木のりあきさんから、ワニを主人公にお話を書いて・・と言われ、え?えー?それだけ・・とあれこれ考えましたが、当時2歳の息子の寝顔を見ながら、大切なものを守ることのできる、勇気のある優しい子になってほしいな・・なんて思いながら考えたお話しです。
 それが絵本になって、多くの子ども達に届きました。絵がとてもきれいで生き生きしているので、子ども達は大好きみたいです。学校で演劇になったり、読み聞かせで使ってくださったり、スライド劇になったり。

 今回の読み聞かせ事業は、4校5授業を行いました。インフルエンザが流行している時期でしたが、子ども達は元気に受けてくれました。アニメ風に作っている朗読映像を見て、心に残ったシーンをみんなで演じます。その後は、小学生の詩を朗読したり、その詩を曲にして歌ったり、ダンスもしました。
では、その様子を見てください。

 松山市立味生小学校・・1月23日(月)1年生と2年生それぞれの学年で行いました。

矢野裕司校長先生が、ワニ夫になり、子ども達と掛け合いで絵本のシーンを演じます。みんな大喜び!

♡校長室にあったもの・・学力向上キャラクター「のびーるくん」木に止まっている小鳥は「みぶっぴ」です。

松山市立伊台小学校・・1月24日(火)2年生

伊台小学校は去年、愛媛県のイメージキャラクターみきゃんの歌「みきゃん音頭」を最初に踊ってくれた学校です。まずは、その「みきゃん音頭」を披露してくれました。

そして、この日は、新人の古谷崇洋アナウンサーも一緒に行ったのですが、子ども達に負けないようにとがんばりました。

♡校長室にあったもの・・・団子三兄弟  白石久美子校長先生のアイデアでできたキャラクター。
いつもこれを持ってお話しするそうです。たのしい~!

松山市立石井北小学校・・1月24日(火)2年生

みんな元気に「はやね はやおき 朝ごはん」ダンス

高木カメラマンが南海放送ニュースの取材。子ども達は興味津々。

♡校長室にあったもの・・ 森本康司校長先生は、愛媛県相撲連盟の常任理事。声が大きい!
                      校長先生が作った合言葉は「でも、がんばる!」

〇松山市立東雲小学校・・・1月31日(火)2年生
新しい校舎で授業です。スクリーンもおおき~い!

授業のお礼にと、子ども達が天空の城ラピュタの曲「君をのせて」を合唱してくれました。素晴らしい歌声に涙がでました。「ワニ夫のなみだ」でなく「せつこのなみだ」でした。

♡校長室にあったもの・・・・・・地域のおじいちゃんの俳句。マラソン大会の時の先生方のがんばりを見て作ってくださったそうです。緒方義彦校長先生は、地域の方々が子ども達、先生達を見守り大切にしてくださることに感謝していると話してくれました。

〇最後に・・後日、子ども達、先生方の感想のお手紙をたくさんいただきました。
(先生の感想)
・絵本「ワニ夫のなみだ」や小学生の詩の朗読、それを踏まえた児童との対話を通して、人として本当に大切なことは何かを教わった。
・友達を理解して大切にしようという心情を育てることができた。絵本の画面に、音楽や効果音、生き生きとしたナレーションや台詞などで、最後までひきつけられ集中してみることができた。児童は、お話の世界だけでなく、自分たちの生活につなげて考えられた。
・言葉の大切さについて具体的にわかり、今後の実践に行かせる内容だった。「大好き」という言葉は、幼いながらも普段は恥ずかしくて口に出しにくいけれど、みんなで声に出すことができて子ども達は嬉しそうだった。
(生徒の感想)
・ワニ夫ははじめはいじめっこだったけど、うまれたばかりのちょうちょにあって、やさしいこになってよかったです。みんなとなかよくなってうれしかった。わたしもともだちとなかよくしたいです。
・ワニ夫がひらひらのいのちをたすけるためにがんばったところにかんどうしました。これからは、ともだちのおうえんをしてたすけあいたいです。
・ひらひらが「ワニ夫にいちゃん、大好き」といってワニ夫がやさしくなったところは、「大好き」がえがおのあいことばだとおもいました。
・「おはよう」「こんにちは」「ごめんなさい」「ありがとう」のことばをきもちをこめていいたいです。
・かいださんは、いろいろなこえがでてびっくりしました。たかひろにいちゃんも、おもしろかった。
うたやダンスもすごくたのしかったです。またきてほしいです。

まだまだたくさんいただきました。ありがとうございました。伝えたかったことを受け取ってくれて嬉しいです。行って本当によかったです。ご協力くださった学校の先生方お世話になりました。私にとって、孫でもいいくらいの子ども達、本当にかわいくて愛しかったです。元気ですくすくと育ちますように!

長い報告となりましたが、読んでくださってありがとうございました。

2016/12/26 月曜日: 18:08:41: 未分類

今年も残り少なくなり、あんなことあった、こんなことあったと思い出しながら
家や職場を整理整頓している方もいらっしゃると思います。
私も、今年はたくさんの思い出ができました。スマホの中の写真を見ていると
いろんなことがあったなあとよみがえってきます。1年は過ぎてしまえばあっという間だけど、365日の思い出の積み重ね。

その中で、9月に行ったアラスカ・カナダの旅は貴重なものでした。
去年、アラスカでみかん一座がミュージカル「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」の公演を行いましたが、実は今年アラスカのスワードに重次郎さんの銅像が建ち、そのお祝いに行きました。

お祝いに伊予万歳を踊りました。

9月に行ったのですが、この時は南海放送の取材スタッフも一緒で、重次郎さんの足跡を訪ねる旅となりました。

カナダやアラスカのいろんな町を巡り、カメラが感動をおさめていきました。
日本のカメラとして初めて潜入した集落もあります。
大晦日の昼11時55分から12時50分、ドキュメンタリー「オーロラのサムライ」でぜひごらんください。

また、ハワイNGNテレビでも、大晦日にミュージカル公演とアラスカ公演のドキュメンタリーが、夜の6時15分から放送されます。
偶然とはいえ、日本とハワイで大晦日に重次郎さんのことが放送されるは・・・。
重次郎さん、空の上でびっくりするかな。

皆様、よいお年をお迎えください。また、来年元気でお会いしましょう!
ありがとうございました。
 テレビでいつもおばあちゃん役、来年もかなあ・・。

コメント・トラックバックは承認制となっております。すぐに反映されないことがありますが、ご了承ください。

次ページへ »