大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

9/27

くもり

29/20 40%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

筋金入りの本好き女子大生

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第2週は、児童生徒学生の方からその世代の皆さんへのおすすめ本をご紹介しています。

7/18放送のゲストは、松山東雲大学4年生 白川茉莉さんでした。

白川さんは昔から本が大好きで、小さい頃から、絵本、児童文学、小説、純文学と様々なジャンルの読書歴を持ち、読みたい本も多いため、最近は読書アプリで読んだ本、読みたい本を管理しているそうです。

外出時には帰る前に必ず本屋に立ち寄る、という「本屋好き」でもあるそうで、読書は電子書籍より断然紙の本でというこだわりも。

ページをめくる質感や、読み進めて左側のページが減っていく感覚がたまらないとのこと。常に鞄に入っているという現在読んでいる本を見せていただくと、お気に入りのブックカバーをつけて大事に読んでいる様子が伺えました。

しかも、気分によって読む本を変えられるように持ち歩いている本はテイストの違うものを2冊以上。

聞けば聞くほど読書への愛を感じます・・!

 

そんな白川さんのおすすめ本は、『ラブコメ今昔』 KADOKAWA 有川浩/著

物語は広報担当の女性自衛官が、コラムのために上司の結婚の馴れ初めを聴くことからはじまります。

自衛隊の方々の等身大のラブストーリーが綴られている6編の連作短編集で、コミカルな部分もありつつ、自衛隊独自のシビアな側面も取り上げられていて、楽しめて色々と考えさせられる作品でもあります。

人気作家の有川さんの作品はどれも読みやすく、好きな作家さんの一人だそうで、白川さんはこの本と合わせて、「自衛隊3部作」と呼ばれる作品も読破。

(有川浩さんの『塩の街』『空の中』『海の底』。3作品ともに主要登場人物に自衛隊員が関わっていて、「自衛隊3部作」と呼ばれています。)

すっかり自衛隊を身近に感じるようになり、自衛隊主催のイベントに出かけたり、インスタグラムをフォローして日々の情報を知ったりと、作品をきっかけに新しい世界が広がったそうです。

 

ちなみに、『ラブコメ今昔』以外にも、「自衛隊3部作」の番外編ともいわれる「クジラの彼」などもあり、合わせて読みたい作品が目白押し。

ぜひチェックしてみてください。

ねこの絵本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

7/4放送では、東温市学校図書館支援活動 講師 で、JPIC読書アドバイザーの武智倶子さんにお話を伺いました。

武智さんは図書館支援活動を通じて、子どもたちへ読書の楽しさを伝えて、本の読み方を教える「読書へのアニマシオン」を積極的に取り入れていて、子ども世代への読書推進に尽力していらっしゃいます。

 

今回ご紹介いただいた本は、『なまえのないねこ』小峰書店 竹下文子/文 町田尚子/絵。

ひとりぼっちの野良猫が、名前を持っている猫に憧れて自分の名前を探すというお話のなかで、野良猫はある女の子と出会って、自分が本当に欲しかったのは名前じゃなかったんだということに気づきます。
小学校で読み聞かせをしていると、どの学校でもこの部分で子どもたちから声があがるんだとか。

「飼い主が欲しいんだ!」「拾ってほしいんだ!」。

物語が伝えたいことがどの子にも伝わっている、と感じる瞬間で、お話の展開の進め方、絵の表現、この絵本の力のすごさを実感するそうです。

この本は、JPIC読書アドバイザークラブの「第1回 親子で読んでほしい絵本大賞」2位の作品でもあります。

親子でコミュニケーションを取りながら読むとより楽しめる作品だそうで、例えば表紙の裏に描かれた猫のイラストと同じものが裏表紙の内側にも描かれていて、裏にだけ名前が書かれているので、もう一度絵本をめくってどのイラストの猫が登場しているのか親子で話しながら探すのも楽しかったり、本編に登場する女の子も、猫グッズを持ってて猫が好きなんだね、と話ができたりと各ご家庭で色々な発見ができるようです。

 

また、猫の絵がデフォルメされた可愛らしさでなく、写実的な可愛らしさなのは、猫好きな方にはたまらないポイントで、大人にもおすすめの絵本です。

ぜひ手にとってみてください。

 

 

教育現場、組織のなかで大切なこと

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

6/27放送のゲストは、株式会社 カイシン  代表取締役 牧野真雄さんでした。

牧野さんは、企業コンサルタントとして、特にチームビルディングの研修を行っています。

チームをどう作り各自の能力をどう活かすか、また、効率的に作業をすすめるために必要なものは何か、チームビルディングという考え方が今後ますます必要になってくる、といいます。

そんな牧野さんがおすすめしてくれた1冊は、『学級崩壊立て直し請負人』 新潮社  菊池省三/著。

 

著者の菊池省三さんは、元々小学校の先生で、北九州で荒れた学級を次々に改善していったという人物。どのようなことをして学級を立て直していったのか、なぜ学級が崩壊するのかについて書かれています。
牧野さんは、この本が説いていることは、チームビルディングと全く同じことだ、と感じそうで、教育現場の方や保護者の方向けかと思いきや、会社や組織でチームづくりに役立つ内容だったことに驚いたそうです。

 

この本に感銘を受けた後、菊池先生への講演の依頼などからご縁ができて、他のコンサルタント仲間とも協力して、今後菊池先生との共著で本を出す計画も進んでいるんだとか。

菊池先生とは、教育も含め人づくりについてのお話をすることも多いそうで、将来、人とのコミュニケーション能力に特化した学科を作りたい、と教育現場の人たちと話を進めているそうで、今後の展開も楽しみです。

6月のショートショート

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、

どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいております。

6/20放送にご出演いただいたのは、松山おはなしの会 副会長 波頭直子さんでした。

 

今回ご紹介いただいたのは、第17回坊ちゃん文学賞 佳作『象と暮らして』(作・森水陽一郎)。

タイトルだけ見ると、象と暮らす牧歌的な世界でも描かれているのかなと思いきや、不妊に悩む夫婦が、最後の頼みの綱として「手乗り象」を買ってきた、という物語。

イメージを覆し、独特の世界観にいざなわれる、いかにもショートショートらしい作品です。

深いテーマで、重く感じられる部分もありますが、決してそれだけではない、解決策も結果も示されていないけれど、文章から何か明るい兆しも感じられる気もするような、じっくりと楽しんでほしい内容となっています。

波頭さんの朗読で、全編をお楽しみください。

「コミュニティデザイン」の提唱

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第2週は、児童生徒学生の方からその世代の皆さんへのおすすめ本をご紹介しています。

6/13放送のゲストは、愛媛大学 社会共創学部 4回生 渡邊洋心さん でした。

 

ご紹介いただいたのは、『縮充する日本「参加」が創り出す人口減少社会の希望』PHP研究所 山崎亮/著。

 

著者の山崎さんは、「コミュニティデザイン」を提唱している有名な建築家。

山口県出身の渡邊さんが高校生の頃、地元を講演で訪れたことがあり、それに参加し、直接お話しもされたそうです。

どんな場所でも、一人でも二人でも、何かをやりたいと思ったら、積極的に地域に関わっていけばいい、とアドバイスをもらって、コミュニティづくりのため、地域のビブリオバトル(書評合戦)を企画したことがあったのだとか。

そんな経験を得ながら、今回ご紹介の本を読んで「コミュニティデザイン」を学びたいという思いを持つようになり、地域の文化資源と暮らしについてのフィールドワークも多い、愛媛大学 社会共創学部 地域資源マネジメント学科への進学を目指したんだそうです。

 

この本では、地方の地域社会は人口減少などで良くない面ばかりが捉えられがちですが、小さくなる中で中身が満たれていっているのではないかということを主張されていて、なかでも山崎先生のプロジェクトの体験談やエピソードがわかりやすく記されています。

渡邉さんいわく、まちづくりに興味のある人や、次の進路を考えている人が視野をひろげるために役立つ1冊。

堅いイメージを持たず、気軽に読んでみてください。

 

 

 

まちの魅力といなかの魅力

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

6/6にご出演いただいたのは、伊予市図書館ボランティア双海読み語り隊 副隊長 冨田敏さんでした。

 

ご紹介いただいたのは、『まちのねずみといなかのねずみ』童話館出版 イソップ/原作 ポール・ガルドン/絵。

 

実は富田さんは、東京から双海町に移住して、現在地域の様々な活動をしているという方。

これを読むと、自分の住んでいる伊予市の良さをいま一度振り返ることができるし、子どもたちにも、都会へのあこがれとともに、いなかの暮らしの贅沢感にも気づいてほしい、という気持ちになるのだか。

都会と田舎、どちらがいいということではなく、それぞれの魅力のどちらを選ぶか、という考えは今後ますます広がっていくのかもしれないですね。

 

そして、言わずと知れたこの有名なイソップものがたりは、様々な作家さんによって描かれています。

いもとようこさんのほのぼのとした作風のものや、かわいらしくもスタイリッシュな仕上がりの今井 彩乃さんの作風のものなど、それぞれに魅力が違って、読み比べてみるのも面白そうです。

冨田さんおすすめのポール・ガルドンさんの描く世界は、いかにも外国!というかんじがいいんです、とのこと。

みなさんもぜひお好みのものを手にとってみてください。

 

 

 

 

 

学校図書館について

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

5/23放送のゲストは、

松山大学・愛媛大学 非常勤講師 で、学校図書館活動を支援するボランティアグループ「Laひと」の 日野弘子さん でした。

日野さんはもともとは小中学校の教諭で、学校図書館の活動の連携を図るために何人かでボランティアグループ「Laひと」を立ち上げたそうです。読書の楽しさから図書館活用法まで児童・生徒、先生や保護者にお伝えするという活動をされています。

また、大学では司書教諭になるための講義を担当していて、子どもたちと図書館を繋ぐ、先生と図書館を繋ぐという司書教諭の役割や、本来の学校図書館のあり方についてなどを学生の皆さんに伝えてらっしゃいます。

 

そんな日野さんのおすすめ本は、『学校図書館の出番です!』ポプラ社 肥田美代子/著。

著者の肥田美代子さんは、童話作家でもあり、国会議員として「子どもの読書活動推進法」「文字・活字文化振興法」の成立に尽力された方でもあります。

この本では図書館のあり方の指針となる「学校図書館法」について説かれていますが、過去の学校図書館に関わる問題点をどう解決していったのか、どんな紆余曲折があったのか、学校図書館を支える裏側を知ることができるものとなっています。

司書教諭や学校図書館に携わりたいと思う方にはぜひ読んでおいていただきたいし、また、保護者の方が読むと、図書館の役割がより分かって活用しやすくなりますよ、とのことでした。

ぜひチェックしてみてください。

5月のショートショート

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、

どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいております。

5/16放送にご出演いただいたのは、松山おはなしの会 宮崎貴子さんでした。

小学校の図書館支援員をされていて、普段から本に親しいという宮崎さん。図書館で、お話を語る「ストーリーテリング」の魅力を知って、松山おはなしの会での活動に加わったそうです。

 

ご紹介いただいたショートショートは、第17回坊ちゃん文学賞 佳作『家の家出』(作・石原三日月)

“今朝、起きたら家が家出していた。”

なんとも、冒頭から奇想天外です。

ここしばらく険悪な雰囲気で過ごしていた夫婦の「家」。夫婦にとって家は居心地の良くない場所となり、家も居心地が悪かったのだろう、突然出ていってしまった。そんな「家」を取り急ぎ探しに行く夫婦の姿が描かれています。

不思議な出来事なのに、淡々と進む物語。ショートショートならではの物語の面白さに引き込まれます。

朗読して、これまで気に留めなかったことにも気を配ろう、周りの「モノ」も大切にしよう、と思ったという宮崎さん。

物語の全編を、宮崎さんの素敵な朗読でお楽しみください。

1分で話せ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第2週は、児童生徒学生の方からその世代の皆さんからのおすすめ本をご紹介しています。

5/9放送のゲストは、大学生。愛媛コレクション新代表 小川千陽さんでした。

ご紹介いただいたのは、『1分で話せ』SBクリエイティブ 伊藤羊一/著。

 

「1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない」。

プレゼンや人前で話をすることが苦手な人へ向けた著者のメッセージです。

確かに、「伝える」って難しいことですよね。

大学4回生の小川さんは、就職活動の面接で、伝えたいことを伝える難しさを実感していた時に、この本を先輩からおすすめされたそうです。

ちなみに小川さんは、自分は話し始めると長くなってしまう、感情が溢れてしまうこともある、というのが悩みだそうで、(そこまで分析できているだけ、スゴイと思いますが・・)

このタイトルに「それだ!!」と思って、すぐに手にとってみたんだとか。

話し方、伝え方のコツもわかるし、何と言っても「簡潔に伝えること」をテーマにしている著者の文章が、本当にわかりやすくて読みやすい。

面接や仕事でノウハウを知りたい方にもおすすめですが、普段の人とのコミュニケーションにも役立つ1冊です。

話すこと、伝えることに自信が持てない方に、ぜひおすすめです。

 

 

 

読み聞かせにおすすめ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

5/2ご出演いただいたのは、伊予市図書館ボランティア双海読み語り隊 副隊長 冨田敏さんでした。

子どもたちの読書環境があまりいいとは言えない双海町の現状をみて、まちをあげて子どもたちの読書体験を増やしてあげよう!と発足した「読み語り隊」は、現在町内の3つの小学校に通っています。

学校規模もさまざま、児童の個性もさまざま、でもどの学校でも本を通じての子どもたちとのつながりはとても心地のよいもの、と冨田さんは語ります。

 

今回ご紹介いただいたのは、『あらしのよるに』講談社 木村裕一/作 あべ弘士/絵。

おおかみとやぎ。食うものと食われるものとの友情と関係性、とても奥深い物語です。

シリーズ7巻まであって、アニメ映画化もされた有名な作品です。

心に響くシーンや衝撃の展開もあり、次が気になるので、読み聞かせなら未就学児のお子さんにも楽しんでもらえます、とのこと。

お子さんと一緒に読むのもおすすめですが、色々考えさせられたり気付かされたり・・実は大人の読書にもおすすめ。

ぜひ手にとってみてください。

トップページへ