大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

6/23

晴れ時々雨

28/21 60%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

思春期と読書

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

4月4日放送のご出演は、

伊予小学校の図書館ボランティアであり、「いよ本プロジェクト」代表の 岡田 有利子 さん でした。

今回おすすめいただいた本は、『教室に並んだ背表紙』集英社 相沢沙呼/著。

 

主人公は多感な年頃でなにか生きづらさを感じている少女たち。中学校の図書館を舞台に、本との出会いで変わっていく6人の女子中学生の姿を描いた連作短編集となっています。

岡田さんは、登場する少女たちの悩みや迷いを読んでいるとなんだかこちらが辛くなるほどだったけれど、物語に出てくる図書館司書さんが、

「私たちは物語を通して、そこに生きる人と出会うことができる。そしてその言葉と優しさは本物だよ。だから寂しくて、迷ってしまったときは“物語”を読んで―。」

とアドバイスしたその言葉が深く心に刻まれたそうで、自分もそうやって子どもたちにたくさんの本をすすめよう、と思ったんだとか。

物語に生きる人との出会い、その物語を描いた人との出会い、そこから興味をもった世界との出会い、本を読むことで広がる出会いがたくさんあります。

大人も子供も、本を通じて多くの出会いを味わいたいものです。

 

トップページへ