大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

5/8

晴れ

24/16 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

「ことば」も「絵」も心に響く1冊。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

3/28放送のゲストは、NPO法人 空色ボイスの福田雅世さんでした。

福田さんは、朗読講師、ボイストレーナーも務めており、正岡子規の作品を題材にした朗読本「声に出して味わう子規」の著者でもあります。

俳人として有名な正岡子規ですが、短歌、随筆、詩、小説と多岐にわたる作品の中でも、特に随筆と詩はリズミカルで音がよく情景描写もとても豊かで、音読・朗読にとってもおすすめなんだとか。

ぜひ、「声に出して」正岡子規の新しい魅力を味わってみてください。

 

そんな、朗読や声に出すことを大切にしているという福田さんのおすすめの本は、
『風のことば空のことば〜語りかける辞典』講談社 長田弘/著。

著者である詩人の長田弘さんは2015年に逝去されているのですが、お亡くなりになる前まで選者を務めていた読売新聞「子どもの詩」で、子どもの詩に毎日添えられていた「選評」だけをまとめて、「新版」として去年発売されたのがこの本です。

項目は五十音順の「辞典」の構成となっていますが、その内容は、長田さんが語りかけてくるような言葉が詰まった「詩集」といってよいほど、美しいことばが綴られています。

 

もともと長田弘さんのファン、という福田さんは、読み聞かせでも何度朗読したかわからないという「最初の質問」という大好きな絵本がありました。

その絵本の絵を描いた いせひでこさんが今回ご紹介の「風のことば空のことば」の絵も担当していて、その2冊をリンクさせるような表紙の女の子のイラストに惹かれて手にとってから、こちらも自分にとって大切な1冊になったんだとか。

2冊とも、ことばも挿絵も素敵で、じっくりと読んでも、ふと気がむいた時に1節だけ読んでも、なんだか心が癒されます。

すぐに手に取れる距離に置いておきたい作品です。

トップページへ