大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

5/17

晴れ

25/14 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

今週はエッセイの朗読です

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

12/26放送では、1冊の本を朗読でご紹介しました。

いつもは第3週にショートショート作品をご紹介しておりますが、今回ご紹介するのはエッセイです。

前回に引き続きご出演いただいたのは、松山おはなしの会 大原 純さん 。

「朗読seed・おはなしのたね」の主宰をされている大原さん、今回のエッセイも素敵な朗読で作品を紹介してくださいました。

 

ご紹介した作品は、辰巳出版『これから猫を飼う人に伝えたい11のこと』(作・仁尾智)

猫歌人といわれる仁尾智さんが猫との暮らしの心がまえをエッセイと短歌で伝えている作品です。

人気イラストレーター・小泉さよさんの水彩画も素敵で、エッセイと短歌とイラストと、さらりと読めるけれど、内容は猫を飼ううえでとても大切な事柄が綴られています。

猫好きの人、これから猫を飼いたいと考えている人、必見です。

放送ではまず1つめのエピソードをご紹介しましたが、仁尾さんが伝えたい「11のこと」、全て朗読いただいております。。

全編を大原さんの朗読でお楽しみください。

12月のショートショート

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいております。

12/19放送にご出演いただいたのは、松山おはなしの会 大原 純さん でした。

今回は「ショートショート美術館 名作絵画の光と闇」(文藝春秋 )から、松山市出身のショートショート作家 田丸雅智さんの「スフィ女」という作品を紹介していただきました。

 

「ショートショート美術館 名作絵画の光と闇」は、太田忠司さん、田丸雅智さんという2人のショートショート作家が、同じ題材である名画をテーマにして2人が異なる作品を描いた物語を集めたものとなっています。

この作品の題材となっているのは、フランティシエク・クプカが描いた、「静寂の道」。満天の星の下、整然と並ぶスフィンクス像が描かれた神秘的な絵画です。

趣味で油絵をたしなむという大原さん、クプカのことは知っていたけれど、この名画をもとに、まさかこんな物語が展開していくとは、という意外性にびっくりしたそうです。

たしかに。「スフィ女」の舞台は現代。しかも、現実にはありえないけど、もしかしていつかありうるかもしれない設定の合コンの場面。

いったいどんな物語なのか。大原さんの朗読で全編をお楽しみください。

読む前に、読んだ後に、クプカの「静寂の道」がどんな名画なのかのチェックもお忘れなく。

太田忠司さんのもうひとつの物語と、その他の名画にまつわる物語は、ぜひ本を手にとって確かめてみてください。

 

絵本作家の原点となったエピソード

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

12/12放送では、学校図書館関係者からのおすすめをお送りしました。

ご出演は、学校図書館アドバイ ザーで、学校図書館を支援するグループ「Laひと」の 日野弘子さん。

今回ご紹介いただいたのは、『おおにしせんせい』講談社 長谷川義史/著 です。

 

この物語は、著者の長谷川義史さんの、絵本作家としての原点ともなった体験が描かれた絵本です。

5年生の新しい担任、おおにしせんせいの初日の授業は、なんと一日図画工作。

豪快だけど優しい「おおにしせんせい」の授業で、「ぼく」の心が動いて自分なりの素敵な作品を作り出す、という物語。

「おおにしせんせい」との出会いが「ぼく」を変えていく。

子どもに読んでほしいのはもちろんですが、子どもとの関わり方を考える大人にも読んでもらいたい1冊です。

長谷川さんの絵本は、「いいからいいから」や「ぼくがラーメンたべてるとき」など有名なものも多いですが、独特の画風で、どれも面白くユニークなんだけど、何かしら受け取るべきメッセージがある本が多いので、ぜひ色々な物語を楽しんでみてほしいとのこと。

ぜひ自分の好きな物語を探してみてください。

 

 

2022年には映像化も決定している物語です。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

12/5の放送では、高校生からその世代の皆さんへのおすすめ本をご紹介しました。

ゲストは松山工業高校 土木科 2年生 鈴木ちはるさん

学校では防災リーダーとしての活動も熱心に行っています。これからは、SDGsの視点をつなげて「持続可能な防災」はどういうものか、ということを学んでいます。

小学校や中学校での防災教室のお手伝いをしたり、地域の皆さんとの活動など、忙しくも充実した日々を過ごしているとのこと。

 

そんな鈴木さんのおすすめ本は、『桜のような僕の恋人』集英社 宇山佳佑/著。

カメラマン見習いの晴人と美容師の美咲との出会いから、人の何十倍もの早さで老いていく難病を発症してしまった美咲との愛が綴られたラブストーリー。

鈴木さんはこの本を読んで、日常の時間の過ごし方を意識するようになり、今の高校生活も1日1日大事に過ごしていきたいと切に感じたそうです。

恋愛だけでなく、家族愛も描かれていて、ただの恋愛小説ではない部分も好きなんだとか。

生きていること、大切な人と同じ時間を過ごせる幸せを再確認できる内容なので、今なにか閉塞感をもって日々を過ごしてしまっている方におすすめです。

ぜひ手に取ってみてください。

 

 

おはなし屋えっちゃん

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

11/28にご出演いただいたゲストは、おはなし屋えっちゃん 武知悦子さんでした。

武知さんは、「おはなし屋えっちゃん」として松山市味酒町で「おはなしカフェ」を主宰するほか、様々な場所に出向いておはなし会や子どもたちが遊べる時間を提供しています。

ちなみに「おはなしカフェ」には1000冊以上の絵本や木の玩具などが置かれて、子どもたちの元気な声が溢れています。

あまり絵本が好きじゃない!じっとしているのがイヤ!という子も本に親しめるように、「読みきかせ」というより「読み遊び」をして楽しんでいるそうです。

 

そんな武知さんのおすすめは、「おばけだじょ」学研 ツペラ ツペラ(著)

「おはなしカフェ」で、その年に一番人気だった本を選ぶ、「おはなしカフェ絵本大賞」に最初に選ばれた1冊で、実はその後も不動の人気を誇っているので殿堂入りさせた、という作品だそうです。

あかちゃんから小学生まで、本当に幅広く子どもたちに人気で、出番がない日がないほどだとか。

真っ黒なおばけちゃんの表紙をみて、どんなおばけ絵本なのかしら、と思って読みすすめると、最初はかわいいシルエットのおばけ、あれあれ?足がはえてきてる、ぐああーーのおたけび後の姿を見ると・・「おばけじゃないじょ○○○だじょ」。

大人もなるほどーーー!と唸る展開で、これは子どもたちに大人気なのも納得です。

ツペラツペラさんのユニークなストーリーと、絵の色味もとっても美しい作品。
おばけがぼんやり光っているような不思議な演出の背景、実は影絵を撮影したものなんだそうです。

 

読んで聞かせてあげても、絵を追いかけるだけでも、自分で声を出して読んでも楽しい絵本!

ぜひ手にとってみてください。

 

11月のショートショート

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、

どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいております。

11/21放送にご出演いただいたのは、松山おはなしの会 久米チトミさん でした。

今回は「ショートショート美術館 名作絵画の光と闇」文藝春秋 から、松山市出身のショートショート作家 田丸雅智さんの「導く者」という作品を紹介していただきました。

 

「ショートショート美術館 名作絵画の光と闇」は、太田忠司さん、田丸雅智さんという2人のショートショート作家が、同じ題材をテーマにして2人が異なる作品を描いた物語を集めたものとなっています。

題材としているのは、ゴッホ、ムンク、マグリットなどが描いた名画で、「導く者」は、平山郁夫さんの「月明の砂漠」をテーマにしたショートショートです。

久米さんは朗読にあたって、平山画伯の絵のことは知っていたけれど、もっと詳しく調べてみたとのこと。そのうえで色々と想像しながら読んでいると、この作品が、現実離れしているようで、でももしかして本当のエピソードではないかと思えてきて、不思議で素敵な作品だとしみじみと感じたそうです。

絵画に興味がある方は、より興味深いと思いますし、名画のことを知らない方でも物語を読んだ後にテーマとなった絵を見てみるのも面白いと思います。

全編を久米さんの朗読でお楽しみください。

また、同じテーマで、もうひとりの作家である太田忠司さんがどんな物語を綴っているのか気になります!

さらには他にどんな絵画がテーマになっているのかも・・。

気になった方は、ぜひ「ショートショート美術館 名作絵画の光と闇」をチェックしてみてください。

六人の大学生の青春ミステリ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第2週は、児童生徒学生の方からその世代の皆さんへのおすすめ本をご紹介しています。

11/14放送のゲストは、松山大学 経済学部 1回生 山下愛翔くん でした。

昔から読書が好きで、特に小説が好きだという山下君。

ご紹介いただきましたおすすめの本は、『六人の嘘つきな大学生』KADOKAWA 浅倉秋成/著 でした。

 

この本は就職活動に絡んだ青春ミステリ。

就活の最終面接のグループディスカッションに向けて協力していた六人の大学生たちですが、本番直前にテーマが「六人の中から一人の内定者を決める」というものに変更になって六人の蹴落とし合いが始まります。

帯に「全ての伏線を見破れ」という文があり、どんな伏線なのか気になって読んだという山下君ですが、わかりやすいものもあれば、もっとじっくり読み込もうと思うようなものもあり、とにかくストーリー展開のなかでの伏線の回収がスゴイ!読了後は、驚きとともに、なんだか爽快感を感じるほどだったとか。

ミステリとはいえ、王道のものと違って関係性や場面の複雑さがあまりないので、ミステリ初心者、普段あまり読書をしない人にでも読みやすい1冊。

ぜひチェックしてみてください。

 

写真絵本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

11/7放送では、学校図書館アドバイ ザーで、学校図書館を支援するグループ「Laひと」の 日野弘子さんにご出演いただきました。

ご紹介いただいたのは、『ウメ・モモ・サクラ どこがちがうか、わかる?』新樹社 赤木かん子/作 藤井英美/写真

 

本のタイトル通り、ウメ・モモ・サクラの違いが分かる写真絵本です。

写真が大きく、説明文もポイントが押さえられていて読みやすい。それぞれの花の紹介ひとつ見ても、花びら、蕾の断面など面白い視点から説明されていて、子どもも大人も興味を惹かれる内容が盛りだくさんです。

また、用語の解説や索引も付いているのもポイントの1つです。

この本を読んでからは、花の時期に限らず、周りの木々に目がいって散歩が楽しくなりそうです。

ウメ・モモ・サクラ、木や花や実、ひいては植物のこと、環境のこと。他の興味にもつながるかもしれません。ぜひ親子で手にとってみてはいかがでしょう。

ひめさぶろうさん

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/31放送のゲストは、ひめさぶろうさんでした。

最近は4人組YouTuber「シコクパンク」の活動もおなじみで、色々とチャレンジを続けているとのこと!

そんなひめさんのおすすめの1冊は、「僕の人生には事件が起きな い」岩井勇気/著 新潮社。

 

お笑いコンビ「ハライチ」で、ボケ役、ネタ作りを担当しているという著者の岩井さん。(ツッコミ役は澤部佑さん。)

家庭環境、これまでの成長過程、特筆すべき事件は何もないという岩井さんですが、ありふれた日常のなかには何かが起こっている、という「何か」が綴られています。

ちなみにひめさぶろうさんが印象に残っているというエピソードは、「あんかけラーメンの汁」。

大好きなあんかけラーメンの汁を水筒に入れて、レジ待ちで、公園で、何気なく水筒を取り出しあんかけラーメンの汁を堪能しながら、「今、自分がまさかあんかけラーメンの汁を飲んでるなんて、誰も思っていないに違いない・・」とほくそ笑む。という、なんじゃそりゃ、というエピソードなのですが、実は平凡な毎日をどう面白がるか、という深さがある!とのこと。

共感できずに面白いエピソード、共感しすぎるエピソード、様々な日常が軽いタッチで描かれているので、最近疲れているという時に、自分には何もないと思ってしまった時に読むのにピッタリの本です。

そして、毎日つまらない、と思っていても、視点を変えると面白く感じることは、実はあるもの。本を読んだあとは、ご自身のことについても振り返ってみてください。

 

ちなみに、ひめさんとは南海放送のラジオスタジオ周辺でお会いすることば度々あるのに、こうしてインタビューでゆっくりお話するのは初めて!

実は雑談も多くて、カットした部分もかなり長かったw

日々のルーティンが過ぎて結婚できそうにない、という話から、ひめさんが自分の人生で珍しい日常ってなかったかと思い返した時に幼少期にベネズエラに住んでいたことを思い出したこと(なかなか無いですよ、そのエピソード!)から、ちょっとエッセイを描いてみてはどうかという話になったことなど。

いつかひめさぶろうさんが袋とじ付きの本を出版してくれた時には、そのへんのエピソードも納めてくれていることと信じてます。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/31放送のゲストは、東温市立図書館読み聞かせボランティア「おはなしウーフの会」代表 水田奈美さんでした。

「おはなしウーフの会」では、市立図書館を拠点に、地元の幼稚園・保育園・学校のほか、総合保健福祉センターや愛媛大学医学部附属病院など大規模な福祉・医療を担う施設があるため、なかなか本屋さんや図書館に行けない子どもたち向けにも積極的な活動を行っています。

コロナ禍で活動がままならなかった状況もありますが、今後少しずつでも、また子どもたちとの触れ合いが増えてくれることを切望するとのこと。

 

さて、今回水田さんがご紹介いただいた1冊は、

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』新潮社 ブレイディみかこ/著。

2019年に1巻が出て、今年の9月の2巻が刊行されたばかりの話題作です。

著者のブレイディみかこさんの息子さんが、日本人の母とアイルランド人の父を持つ自分のルーツを「イエローでホワイト」と表現、そしてイギリスで暮らす「ちょっとブルー」な日々が綴られています。

貧困や人種問題といった様々な社会問題の縮図のようなイギリスの公立中学校に入学して、世界の縮図ようなその学校で、いろいろあるのは当たり前・・。

様々な出来事に少年がどう向き合っていくのか読みすすめていくと、イギリスを舞台に起こっていることが、実は私たちの身近に考えなければいけないことだと気付かされます。

1巻では11歳の「ぼく」も、2巻では13歳となり思春期から親離れの様子が見られ、この作品は2巻で完結、とのこと。

きっとこれからは「かあちゃん」が把握できない「ぼく」の世界が広がっていくんでしょうね。

少年の立場側から読む若い世代の方も、お母さんのブレイディみかこさん目線で読む保護者の方も、読み応えがあります。

エッセイのような軽い語り口なのも、とても読みやすいおすすめの1冊です。

 

 

トップページへ