大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

4/14

晴れ

19/10 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

11月のショートショート

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、

どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいています。

11月15日のご出演は、松山おはなしの会  石丸 世志さん でした

石丸さんは、おはなしボランティアだけでなく、愛媛県女性対策協議会の常任理事を務めるなど、様々なボランティア活動を積極的に進めていらっしゃるそうです。

そんな石丸さんに今回朗読していただいた作品は、

2019年 第16回坊ちゃん文学賞 佳作 「プリンター」松野 志部彦/著。

 

どんなおもちゃより「プリンター」が好き!かっこいい!と思っている子どもが主人公のショートショートです。

成長して結婚して家族が増える・・温かみを感じさせる文章が心地良い作品ですが、ショートショートらしい不思議な世界観も印象的です。

石丸さんも、読んでいて温かな温度を感じられる表現がすごく好きでした、とのこと。

石丸さんの朗読で、その温かみを感じてみてください。

 

 

11月第2週、小学生のおすすめ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

11/8放送のゲストは、久枝小学校 4年生 生峰颯介さん でした。

大好きな「コロコロコミック」を買いに行く時に、いつも本屋さんの好きなコーナーを回って、別の本も買ってもらうのを楽しみにしているという生峰さん。

紹介してくれたおすすめ本は、

『わけあって絶滅しました。』ダイヤモンド社 今泉忠明/監修 丸山貴史/著。

 

恐竜などの絶滅してしまった生き物がなぜ絶滅してしまったのかが明かされている1冊。

他の絶滅動物の本を読んで面白かったので、この本にも興味を持ったそうなんですが、

「どの生物が印象に残った?」と質問すると、「やさしすぎて絶滅しちゃったステラーカイギュウとか、のろますぎたドードーとか・・」と、持参してくれた本を開かずともスラスラと生き物の名前を挙げてくれて、本当にこの本が好きなんだ!と感じさせてくれました。

絶滅した生き物が自らを語る、というスタイルも面白くて、とっても読みやすいです。

大人もこどもも楽しめる絶滅図鑑。

ぜひ手にとってみてください。

 

アメリカ版空想科学本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館関係者からのおすすめをお送りしています。

11月1日放送のご出演は、愛媛県立松山西中等教育学校 図書館司書  小南 静さん でした。

 

読書の秋、学校でも読書週間を設け、図書委員さんが中心となって読書推進を進めているそうです。

前期3年生は各クラスでどれだけの読書量があったかを競うレースを行ったそうで、コロナ禍で行事が縮小されがちな今年度、なにかで盛り上がりたい!と生徒側からの提案で企画されたそうです。

ぜひぜひ盛り上がっていただきたいです!

 

さて、今回ご紹介いただいたおすすめの本は、
『ホワット・イフ? Q1 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』早川書房 ランドール・マンロー/著。

元NASAの研究者である著者が、サイトに投稿された質問に答えていく内容をまとめた本なのですが、読書芸人として知られるカズレーザーさんが「すげー頭のいい落語を読んでるかんじ」と絶賛。

あらためて注目されている1冊です。

「地球にいる全員が一斉にレーザーポインターを月に向けたら、月の色は変わるでしょうか?」

「ヨーダははどれぐらいのフォースを出すか?」

さまざまな質問に対して、科学的に、いたって真面目に検証論を披露しています。

 

マンガやアニメ、ゲームを科学的に検証する『空想科学読本』という、子どもたちに大人気の日本の類書もありますが、
『ホワット・イフ?』は、より日常生活に近く、興味の幅が広がる内容なのがおすすめ!とのこと。

科学好きのこども達、むしろ苦手なこども達、どちらも満足できる内容。

面白い本を探している特に小中高校生の皆さん、必読です。

 

とにかく面白いノンフィクション作品を

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/25放送のゲストは、松山市三津にあるテイクアウトコーヒーショップ

イコイコーヒーの 中島里和さんでした。

中島さんは大の読書好きで、特に好きなジャンルは文化人類学に関するものや食文化に関するものだそう。

なかでもおすすめなのが今回のご紹介本、

幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた〈サピエンス納豆〉』新潮社 高野秀行/著。

 

もともと著者の高野秀行さんが綴る「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」作品が大好きなんだとか。

この本の前には、ミャンマーでであった納豆卵かけご飯に衝撃を受けて、納豆からアジアと日本の歴史にまでたどり着く『謎のアジア納豆 – そして帰ってきた日本納豆』を発売されています。

その後、今度はアフリカに納豆があるという話を聞きつけ、IS出没地域から南北軍事境界線という危険地帯まで幻の納豆を追い求めるノンフィクションがこの作品です。

日本独特の食文化と思っていた「納豆」が、世界の辺境で愛され、その土地の食文化に深く関わっているという深い内容を、声を出して笑ってしまうような流れで描かれているところが抜群に面白いんだそうです。

ぜひ手にとってみてください!

 

 

トップページへ