大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

4/14

晴れ

19/11 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

8月のショートショート朗読

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、

どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただいています。

8月16日のご出演は、

松山おはなしの会  弓削 朱美さん。

今回は、第16回坊ちゃん文学賞 佳作 「思い出カジノ」眞山マサハル/著 を朗読していただきました。

 

弓削さんは、今回の朗読のために原稿を手書きで清書して、物語を何度も読み返してくださってました。松山おはなしの会でストーリーテラーとしてお話を覚える時も、同じようにして物語に入り込むのだとか。

 

この物語の舞台は普段はあまり身近な場所ではない「カジノ」。しかも賭けるのは「自分の記憶」。

何度も読むうちに、はじめのうちは想像し難かったシチュエーションがまざまざと浮かぶようになり、いくつもの伏線がラストにつながるさまが鮮やかになってくる、とても素敵な作品でした、とのこと。

この文字数でこういう展開・・!

なにかアイデアさえあれば、ショートショートを描いてみるというチャレンジも素敵だな、という、手書きの清書で文字数のイメージを掴んでくださったからこその感想もお話しくださいました。

OAの続き、弓削さんによるこの作品の全編の朗読はこちらから。

 

2020年8月16日(日) 16:15~16:25  放送

再放送:2020年8月22日(土)17:50~18:00

 

 

 

 

 

8月第2週、大学生のおすすめ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

8/9放送のゲストは、松山大学4回生 山田拓海さん でした。

昨年は落語研究部で部長を務め、2019年全日本大学生お笑い選手権お笑いインターカレッジ 大学生お笑い日本一決定戦にコンビで出場、準優勝を果たしたという経歴の持ち主です。

ネタ作りもあるし、読書も好きで、言葉を大事に使うよう意識しているとのことで、さすがのお話しぶり。

ご紹介いただいた本は、
『サピエンス全史 上・下』 河出書房新社 ユヴァル・ノア・ハラリ/著。

歴史、しかも人類史を扱った骨太の内容ですが、わかりやすく熱くこの本について紹介してくれました。

なぜホモ・サピエンスが繁栄してきたのか、そして未来は。わかりやすく、しかし哲学的な部分もあり、全人類に読んで頂きたいとのこと!

広い視野での史実を見つめていく内容は、価値観を変えたい、視野を広げたい人に特におすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

 

8月第1週の子どもたちへのおすすめ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館の支援をしている方からのおすすめをお送りしています。

8月2日放送のご出演は、

松山市立北中学校の図書館で支援をされている、関谷 千代子さん。

ご紹介いただいたのは、

『ゴミ清掃員の日常』 講談社 滝沢秀一/原作・滝沢友紀/漫画 。

 

著者の滝沢さんはお笑い芸人をしながらゴミ清掃員の仕事をされていて、本の発売以降、「ゴミ育」を奨める人としても注目されています。

ゴミ清掃員として過ごす日々を笑いあり涙ありで描いた、面白くてためになる、ゴミについてのコミックエッセイであるこの本。

漫画を描いているのは、プロの漫画家さんではなく、昔から絵心があったという奥様。あたたかみのある絵柄がほっこりとした雰囲気を醸し出しています。

関谷さんが一番印象的だったというのは、「ゴミは地域の品格を表している」という部分。生活が反映される「ゴミ」。住まい選びの参考にもなることを考えると、自分と地域にとって今一度振り返ってみないとという気にさせられます。

エッセイとしてのエピソードに笑らったりほろりとしたり。ゴミの扱い方を考えさせられたり。まさに「ためになる」1冊。

ぜひ手にとってみてください。

 

7月第4週、未来を想像する

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

7月26日放送のゲストは、

愛媛メンテナンス株式会社 代表取締役社長 續木 達哉さん でした。

ご紹介いただいた本は

『ゼロからはじめる力』 SBクリエイティブ 堀江貴文/著。

著者の堀江さんが、本当に何もノウハウがないところから民間のロケットベンチャーに挑戦する理由とその過程が描かれています。

未来へのビジョンがはっきりしていて、失敗しても恐れずに挑み続ける姿勢は読む人を力づけてくれるので、何かに停滞していると感じている人、漠然と未来に不安がある若い世代の人にも読んでもらいたいとのこと。

續木さんが社長を務める愛媛メンテナンスはエレベーターの保守管理を主な業務にされていますが、「未来のエレベーター」についても熱く語ってくださいました。(上下移動だけでなく横移動もするエレベーターとか、宇宙間を繋ぐエレベーターとか!)

新しい未来の夢を想像したくなる1冊を、ぜひチェックしてみてください。

トップページへ