大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

10/22

晴れ

21/13 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

2020年2月放送のゲストとおすすめ本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

2/2放送

公益社団法人松山青年会議所 理事長 野口 和範さん

『実行力』 PHP研究所 橋下徹/著

弁護士法人たいようで弁護士をしている野口さん。1月から松山青年会議所の理事長に就任しました。仕事柄、本読む時間は多いそうで、専門書だけでなく歴史書や経済書などを読むのもお好きなんだそうです。

そんな野口さんのおすすめは、弁護士で大阪府知事・市長となった橋下徹さんの著書。組織の運営においてご自身がどう実行してきたかを書かれています。
松山青年会議所といえば、各組織のリーダーやリーダー候補が集まる組織。リーダーとして実行のためにどうビジョンを作るか、そのためのチームをどう作るかということが野口さんご自身もとても参考になったそうで、皆さんにおすすめしたい1冊とのこと。リーダーでなくても、組織やグループに所属する人にとっての気づきもある内容です。

 

2/9放送

愛媛コレクション2019ミスターグランプリ 山田 健介さん

『レインツリーの国』新潮社 有川浩/著

愛媛コレクションは愛媛県内の大学生を主体とする学生団体で、愛媛を中心としたイベントの企画・運営を行なっています。2019年のイベント、ミスター・ミスコンテストでミスターグランプリに輝いた山田さん。爽やかな笑顔が素敵な学生さんです。

おすすめの『レインツリーの国』は、主人公と障害のある女性の恋愛小説。

お祖母さまが障害を持っているという山田さん、障害のある人との関わり方について共感する部分もあり、新しく気づかされることもあったとのこと。物語を通じて、障害に対する認識の違い、障害を持つ方への接し方が分かると思います。
障害があるないに関わりなく、思いやりとは何かということが描かれているので、大切な人がいる方、全ての方に読んで頂きたい一冊です。

 

2/16放送

ブックマスター 済美平成中等教育学校司書助教諭 玉井 喜久子さん

『蜜柑』立東舎 芥川龍之介/著 げみ/絵

文豪の名作に新進のイラストレーターが絵を付けている、「乙女の本棚」シリーズの一冊。ビジュアルに訴えるこのシリーズは、中高生に人気で、現在は15冊の文豪の作品が発売されています。

中高生にとって、芥川龍之介といえば教科書に載っている「羅生門」がおなじみですが、この「蜜柑」は、温かい短編のお話で、意外に思われるかもしれません。ノスタルジックな美しい絵で物語が綴られているので、ページをめくるのも楽しく、読みやすいと思います。世代を問わず、こういった本をきっかけに文豪の作品に触れてみてはいかがでしょう。

 

2/23放送

明屋書店 空港通店 武方光恵さん

『わたしのわごむはわたさない』 PHP研究所 ヨシタケシンスケ/著 

ヨシタケシンスケさんといえば、MOE絵本屋さん大賞を何度も受賞されている絵本作家。大人向けの著書もあり、ちいさな子から大人まで幅広いファンを持つ大人気作家さんです。

『わたしのわごむはわたさない』も、こどもの様々な空想が展開していくその発想の面白さは大人も楽しめます。ご紹介いただいた武方さんは、お話の面白さはもちろんですが、自分が末っ子だからか、お古でもない、みんなで共有するものでもない宝物として「わごむ」を、私だけのもの!として空想を拡げている姿に共感して、なんだか懐かしい気持ちになったと言います。

ヨシタケシンスケワールドを、この絵本でもじっくり味わってください。

愛媛コレクション2019ミスターグランプリ 山田 健介さんと

 

2020年1月放送のゲストとおすすめ本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

1/5放送

第6回全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会入賞者

松山南高等学校 東野亨了さん

『ロボットは東大に入れるか』 新曜社 新井紀子/著 

何の本をどれだけ魅力的に紹介するかを競う書評合戦、ビブリオバトルで取り上げられる本は、圧倒的に小説が多いようなのですが、東野さんが紹介したのは、“東ロボくん”というAIがセンター試験を受け、その結果を振り返っていくノンフィクション作品。

AIによって、便利になること、弊害がでること、様々なことが言われていますが、この本を読めば、ロボットと向き合い発展させていくなかで、人間の可能性も考えていけるということに気づかせてくれるそうです。

東野さんはこう行った分野の本が好きな一方で、次に読みたい作品は全くジャンルが違う小説。というのも、今回のビブリオバトルで仲良くなった友達がすすめてくれてぜひ読んでみたいと思ったとのこと。(なんと、仲良くなったのは前回番組に出演してくれた西村さんで、その作品は彼がおすすめしていた「雪猫」だそうです。)

そうやって、本が好きな人たちが全く雰囲気の違う作品を勧めあって世界を広げていくって素敵だな、としみじみしてしまいました。

 

1/12放送

第6回全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会優勝者

松山中央高等学校 野村匠起さん

『残像に口紅を』中央公論新社 筒井康隆/著

全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会の優勝者は、東京の決勝大会に進むことになります。今回、その切符を手に入れた優勝者、野村さんが選んだ1冊は「残像に口紅を」。

日本語の50音、この本では物語が進むにつれて音が一つずつ消えていき、作品の中で実際に使われなくなります。

音が消えていくことによって言葉が、その存在が消えていく。なのに、最後まで綻びなく物語が進んでいく著者のテクニックはさすが!とのこと。
本当の言葉の大切さとは何かということを考えさせてくれる作品です。

全国大会では、この作品は過去に紹介者が優勝した実績も残っているということもあり、そういったことを気にせず紹介できる本を別に選んで挑む予定だそうです。どんな作品を選んで、今度はどう紹介するのか、新しい挑戦も楽しみです。

 

1/19放送

ブックマスター 済美平成中等教育学校 司書助教諭 玉井喜久子さん

『巡礼の家』文藝春秋 天童荒太/著

松山出身の作家、天童荒太さんの最新刊です。これまでの天童さんの作品とは一味違った、温かい物語。初めて故郷・松山を舞台として書かれています。天童さんの幼馴染や道後の人々が実名で登場したりして、どこがフィクションでどこがノンフィクションなのかわからなくなるような詳細な設定は、特に地元松山の人には是非読んでもらいたい1冊。

新刊記念のトークショーでは、この作品から続編やスピンオフ、様々な物語のインスピレーションが拡がっていると天童さんがお話されていたそうなので、今後の作品も楽しみです。もしかしたら、皆さんの身近な人が地元の登場人物になっているかもしれませんよ。

 

1/26放送

SerenDip明屋書店アエル店 武方美佐紀さん

『ぼくんちの宗教戦争!』 幻冬舎 早見和真/著

現在松山在住の早見和真さんの作品。『神さまたちのいた街で』というタイトルで出ていた単行本が、改題して文庫化されたものです。

小学校5年生の少年が、別々の宗教にのめり込んだ両親の間に板挟みになりつつ、妹を守るために戦っていく物語。「自分は正しい」と思っている人たちのぶつかり合いが描かれていて、現代の社会問題にも通ずるところがあります。
読みやすいけれど深く心に響く内容です。手に取りやすい文庫で、ぜひどうぞ。

第6回全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会優勝者 松山中央高等学校 野村匠起さん。

 

 

2019年12月放送のゲストとおすすめ本

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

12/1放送

三星食品工業(株)桑村 拓也さん

『スラムダンク』集英社 井上雄彦/著 

西条市で「醤油屋」を営む桑村さん。大手メーカーに先駆けて発売している「だし醤油」は、当時から今もずっと地元で愛されています。私たちの食生活の中で、もっと出汁の大切さを思い出して欲しい、という思いが強い桑村さんは、小学生の娘さんが「出汁」をテーマに創作している物語が完成したら、絵本にして、会社や地域の食育のために使いたい、という野望があるそうです。絵と文を進めている娘さんのご機嫌を伺いつつ進捗状況を気にしているとか。完成したら、ぜひ番組にもお知らせいただきたいです!

そんな桑村さんのおすすめは、不朽の名作バスケットボール漫画「スラムダンク」。中学時代からバスケットボール部に所属、学生時代のバイブルだったこの漫画、大人になってから読んで、技術的なことがしっかり描かれている部分や表現の素晴らしさに改めて感心したそうです。息子さんもバスケットボール部に所属していて、大の「スラムダンク」好き。反抗期とはいえ、バスケとスラムダンクについては共通の話題としていつも盛り上がるそうです。

漫画が繋ぐ、いい親子関係!素敵です。

 

12/8放送

第6回全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会入賞者

松山商業高校3年 堀内 伽那子さん

『美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星』 講談社 西尾維新/著

今年も開催されました!全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会。

何の本をどれだけ魅力的に紹介するかを競う書評合戦。今年も優勝、入賞者の皆さんにご出演いただきました。

堀内さんが紹介した「美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星」、この本は、登場人物の個性的なキャラクター、作者が張った物語の伏線とその回収の素晴らしさが魅力。新しい考え方が見えてくるような内容なので、物事を決めつけてしまって疲れている人や、何かを諦めてしまっている人におすすめですとのこと。

 

12/15放送

ブックマスター 済美平成中等教育学校司書助教諭 玉井 喜久子さん

『ルリユールおじさん』講談社・いせひでこ/著

「ルリユール」。初めて聞きましたが、フランスでは文芸本が仮製本で売られ、購入した人が製本屋へ持って行って自分好みの装丁を施してもらうという伝統があるそうで、製本に携わる職人のことを「ルリユール」というそうです。

ブックマスターの玉井先生は、以前松山で開催された「ルリユールおじさん原画展」に行って、いせひでこさんご本人のトークショーもお聴きになったとか。著者がフランスに行った時に「ルリユールの店」を見つけて紆余曲折の末、取材を行ったこと、取材時に写真を撮ろうとしたら、画家で絵本作家なんだったら絵で記録を残せと店主から言われて、必死でスケッチを取ったことなど、物語には想像以上の様々なエピソードがあったうえ、絵本に収められなかったという原画もたくさんあって、著者とモデルとなった職人さんの想いが深い1冊なんだ!と感心したそうです。

たしかに、物語はもちろん、美しいパリの街角の絵も、主人公とルリユールおじさんの姿も素敵で、1ページずつ額に入れて飾りたいくらい。シックな雰囲気で大人も楽しめる絵本だし、ラストの補足はとても素敵なエンディングなので、子供から大人までたくさんの方に見ていただきたい作品です。

 

12/22放送

明屋書店中央通店 杉原 美加さん

『はじめてのやせ筋トレ』KADOKAWA とがわ愛/著

運動不足の私のために選んでいただいたのかと思うような1冊。

ジムでマシンを使うような筋トレではなく、お家で簡単にできる筋トレを紹介していて、「自分の理想の体型に近づける」というボディメイクの本になっています。

取り組みやすい筋トレが初心者にもわかりやすく説明されていて、それもそのはず、インドア派の著者でも続けられたものをまとめているそうです。

運動不足気味の方、筋トレ初心者の方におすすめです。

 

12/29放送

第6回全国高等学校ビブリオバトル愛媛県大会準優勝

伊予高等学校 西村 恵一さん

『雪猫』 講談社 大山淳子/著

「雪猫」は、猫目線で展開されるハートフルな物語。主人公は雪のように白い猫・タマオ。タマオの世界の捉え方が純粋で優しくて、改めて自分を見つめ直せるような気になります。

タイトルと表紙の装丁に惹かれて手に取り読んでみると、ラストに「雪猫」というタイトルの意味が分かるようになっていて、また最初から読みたくこと間違いなし。何度も読んで、ずっと心に留めておきたい1冊なんだそうです。

今回、初めてビブリオバトルに挑戦したという西村さん。学校の先生に勧められたものの、先生も西村さんもビブリオバトルについてあまり知識がなくて、YouTubeなどを見て独学で準備を進めたとのこと。ビブリオバトルでも、書評の構成やプレゼン力に加えて、この本に対する愛がみんなに伝わったことが、この結果に繋がったんですね!

三星食品工業(株)桑村 拓也さん。

構想中の絵本が完成したら、著者の娘さんにもぜひ番組にご出演いただきたいです。

トップページへ