大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

10/27

晴れ

23/11 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

2019年2月のゲスト

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

2019年2月のゲストとおすすめの本のご紹介です。

 

2/3放送

愛媛県立中央病院医局長松岡宏さん

『男と女のワイン術』(日本経済新聞出版社)伊藤博之・柴田さなえ/著

お酒好きの松岡先生が、タイトルに惹かれて手に取ったという本。

ワインのことを知りたいけど、難しいのはちょっと・・という方にぜひおすすめで、
内容は難しくなくて、本当に基本を抑えていればカッコよくワインを選べる事がわかるようですよ。
ワインに関する知識や、ワインに関わる素敵なエピソードやトリビア、食事に関するマナーも書いているし、楽しみながら読む事ができます。

お酒好きな方に限らず、あまりお酒は飲まなくても、手軽に読めるこういった本で知識を持っておくというのも素敵ですね。

 

 

2/10放送

松山市議会議員 山本智紀さん

『街が生まれる、ことばから』(文藝春秋企画出版部)中村時広/著

おすすめのこの本は、今の愛媛県知事中村時広さんが、松山市長だった頃に発売された作品です。

山本さんは、市政をはじめ様々なことを進めるのに、唯一の武器となるのが「ことば」だと実感しているとのこと。

10年ほど前にこの本を手に取ってから、何度も読み返し、ことばの大切さを見直してきたそうです。

 

言葉というものは、人を元気にしたり勇気づけたりする半面、人を怒らせたり嫌われたり使い方によって変化する。だから大切にしなければ。

そういう山本さんの想いは、政治に関わる方、言葉を使う仕事をしている方だけではなく、私たちが普段、人と関わる場面でも大切にしていきたいことですよね。

そういったことを気づかせてくれる1冊かもしれません。

また、今の松山市がこれまでどう変わってきたのかもわかるので、読むとますます地元が好きになると思います。

 

 

2/17放送

ブックマスター 作家 宇佐美まことさん

『塵よりよみがえり』(河出文庫)レイ・ブラッドベリ/著

宇佐美さんが大好きな作家だという、レイ・ブラッドベリ。

SFやミステリーも書きますが、これはダークファンタジーで、特に宇佐美さんがブラッドベリの作品の中でも大好きなものだそうです。
文章がとてもきれいで、ひとつひとつの言葉の意味は分からないと思っても、一つのセンテンスとして読むと、物語の世界がふわっと広がります。

この幻想的な世界は、子どもの想像の翼を広げるのに最適の一冊かもしれません。

去年発表された、宇佐美まことさんの『少女たちは夜歩く』では、この作品にインスパイアされて描いた文章もあるんだとか。

たしかに『少女たちは夜歩く』も、舞台は松山のお城周辺という身近に感じられるものなのに、幻想的な世界観が広がるダークファンタジーでした。

2つのダークファンタジー、ぜひチェックしてください。

 

 

2/24放送

明屋書店石井店 佐伯栄治さん

『一切なりゆき』(文春新書)樹木希林/著

樹木希林さんの生前の対談やインタビューがまとめられています。
『一切なりゆき』というタイトルは、生前、樹木さんが色紙に書かれていた言葉だったそうです。
「私の役者魂は一切なりゆき」、与えられた仕事を一生懸命頑張ると語っていた樹木さんの姿が、自分を励ましてくれるようで、心の支えになる1冊になると思います。

どこから読んでも読みやすく、ポジティブでユーモアに溢れた言葉の数々が綴られているので、疲れた時、迷った時、ぜひそばに置いてください。

 

 

2/3放送 愛媛県立中央病院医局長 松岡宏さん

シリーズは「1杯目」「2杯目」とあり、2杯目もおすすめだそうです!

 

 

 

 

2019年1月のゲスト

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

2019年1月のゲストとおすすめの本のご紹介です。

 

1/6放送

松山青年会議所理事長杉野康雄さん

『道をひらく』(PHP研究所)松下幸之助/著

1月から、松山青年会議所の理事長に就任された杉野さん。

おすすめの「道をひらく」は、

自分がビジネスやプライベートに行き詰ったとき、これを読むと原点に戻らせてくれるという1冊だそうです。
格別難しいことを語っているわけではなく、人生の基本的なところを描いている本なので、頭の中をリセットするのにもピッタリだそうで、

「経営の神様」の著書ではありますが、ビジネスとは関係ない部分でそばに置いておきたい本ともいえますね。

 

1/13放送

ホテルマイステイズ松山 料飲マネージャー 和田敦志さん

『夏子の酒』(講談社)尾瀬あきら/著

ホテルマイステイズ松山1階の瀬戸内バル「ラテッラツァ」で、ソムリエを務めている和田さん。

現在、日本酒のプロとしての資格を取るべく勉強中だそうです。

 

実は、日本酒はこれまで身近なものではなかったそうで、参考書や資料と向き合う勉強になかなか苦戦している時に、気分を変えよう、とこの漫画を手に取ってみたとのこと。

ストーリーのドラマが面白いのはもちろんですが、

お米や酵母について、またお酒の造り方についても詳細に描かれている部分がとてもわかりやすく、
お酒に関しての知識が楽しく身に付くようです。

お酒好きな方には特におすすめです。

 

 

1/20放送

ブックマスター 作家の宇佐美まことさん

『弥勒の月』(光文社文庫)あさのあつこ/著

今回から新しいブックマスターの登場です!

新しいブックマスターは、何度か番組にもご登場いただいたこともある作家先生!宇佐美まことさんです。

今回おすすめの「弥勒の月」は、発表当時、青春小説で有名だったあさの先生が初めて手がけた、時代小説です。
風景や人物の描写が本当に目に浮かぶように描かれていて、100年も200年も前の時代のものが、ここまで想像で浮かび上がるのがさすが、という作品です。

今や、数々の時代小説を手がけるあさのさんですが、この作品を出す時には、これまでの作風と違うものを発表することへの不安や複雑な心境があったのだとか。

ブックマスターの宇佐美さんも、ホラー小説、ミステリーのほか、様々なジャンルの物語を描きたい、という想いを持っていらっしゃるとのことで、過去のそういうあさの先生の姿を知って、特別な印象の残っている作品になっているそうです。

 

ちなみに、去年12月に発売された宇佐美さんの「聖者が街にやって来た」は、これまでの作品にはなかった、連続殺人に絡む書き下ろしミステリーです。

現代の様々な社会問題を取り上げながら進んでいくストーリーは、一気読みせずにはいられない1冊ですので、

ジャンルを特定せず、宇佐美さんが次々と広げている世界もぜひ楽しん、でみてください。

 

 

1/27放送

明屋書店松前店 河野あゆみさん

『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)冲方丁/著

著者の沖方丁さんの初めての長編ミステリー小説です。

集団安楽死、というひとつの目的をもって12人の少年少女が廃病院に集まるという設定で、

さらにこれを阻むように13人目の死体が見つかり、物語は複雑に絡んでいきます。
ミステリーならではの結末の予想外さに注目です。

 

ちょうどこの作品の映画が公開されたタイミングで、今注目の俳優さんが揃って出演している話題の作品でもあります。

映画も原作もぜひ両方楽しんでみてください。


新しいブックマスター 宇佐美まことさん

2018年12月のゲスト

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

2018年12月のゲストとおすすめの本のご紹介です。

 

12/2放送

やまと動物病院院長 大和洋介さん

『銀の匙』(小学館)荒川弘/著

大和さんが卒業した大学の隣にあった農業高校が舞台のモデルとなった作品だそうで、

特に思い入れが強い漫画だそう。

それだけでなく、農業や酪農を通して「食べること」について、「生命」について考えるきっかけを与えてくれるような1冊ともいえるので、

子供から大人までじっくり読んでもらいたい内容となっています。

漫画って、読みやすい分、幅広い人に何か立ち止まって考えることができるきっかけを与えてくれるものかもしれませんね。

 

 

12/9放送

愛媛県松山市出身の漫画家 青木琴美さん

『らんま1/2』(小学館)高橋留美子/著

愛媛県松山市青木さん、現在連載中の「虹甘えてよ」も大好評。

この度、子供の頃から通っていた本屋さんだという、明屋書店空港通り店で、四国初のサイン会が実施されました!

以前、佐藤健さん主演で映画化された「彼女は嘘を愛しすぎてる」や、「僕は妹に恋をする」など数々のヒット作を経て、画業20周年を迎えられたそうで、サイン会には地元はもちろん遠くから来てくださったファンの方もたくさんいらっしゃっていました。

 

おすすめの「らんま1/2」は、青木さんが漫画家になるキッカケとなった作品だそうです。

ギャグ満載のラブコメなのですが、乱馬君とあかねちゃんのラブストーリーとしてのメリハリ、読者の心をくすぐるような展開もたくさんあります。
周りのキャラクターも個性的、テンポもすごく良く、読んでいて本当に飽きない漫画で、

青木さん曰く、いいところがありすぎで語りきれない!とのこと。

 

久しぶりに読み返してみたくなりました。

超有名作品ですが、読んだことがないという方もぜひ手に取ってみてください。

 

 

12/16放送

 ブックマスター松山市立図書館図書館司書 小池ひろみさん

『山の上の家 庄野潤三の本』(夏葉社)庄野潤三ほか著

芥川賞受賞の作家、庄野純増さんを語る1冊。
実際の庄野さん夫婦が晩年に過ごし、数々の作品の舞台となった「山の上の家」の生活について、

これを読めば、写真やエピソードから、昔のまま綺麗に手入れしつつ丁寧に暮らしてらっしゃたのが分かります。

 

庄野さんが亡くなられて、寂しい想いをされている方には、これ読みましたか?と教えてあげたい1冊であり、
庄野さんをあまりご存じない方は、この本をきっかけに、そこから他の作品に入っていただけたらと思います。

 

 

12/23放送

明屋書店平井店 雑誌担当 奥村由起子さん

「天才はあきらめた」(朝日新聞出版) 山里亮太/著

お笑い芸人、南海キャンディーズの山ちゃん、山里亮太さんのこれまでを綴ったエッセイです。

自分は天才ではない・・というところから、嫉妬や劣等感をパワーに変えるその姿。

かっこ悪いことも酷いことも全てが吐露されるこの本を読んでいると、

励まされているような気にもなり、自分も頑張ろうと前を向ける気がします。

山ちゃんの悪行(笑)と、「自分は天才ではない」といっても、本当は天才なのかも、と思わせる内容を楽しんでみてください。

 

 

12/30放送

作家知念実希人さん

『恋文の技術』(ポプラ社)森見登美彦/著

現役の医師であり、作家でもある知念さん。

これまでの作品は、本屋大賞にノミネートされた「崩れる脳を抱きしめて」や、9月に発売された「ひとつむぎの手」など、医療ミステリーが多いのですが、読みやすく親しみやすい、それでいて読後の充実感の大きい作品ばかりです。

 

おすすめの「恋文の技術」は、

すべて手紙で構成されていて、4人の男女がお互いに手紙を送っていく、その手紙の内容から、登場人物の人となりや人間関係を読み解いていきます。
その手紙自体がとても魅力的な文章で描かれていて、読み進めていくにつれてどんな展開が待っているのか、まるでミステリーの真相に近づいていくみたいな感覚になります。

森見さんらしい文体で綴られる物語も素敵で、何度も読み返してもらいたい1冊、とのことでした。

12/9放送 漫画家の青木琴美さん 明屋書店空港通り店にて 

 

トップページへ