大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

4/14

晴れ

19/11 10%


RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

10月のプレゼント

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/25放送のゲストは、明屋書店MEGA平田店 元屋地 綾 さんでした。

おすすめいただいた1冊は、

「幸せはあなたの心が決める」渡辺和子(著)。

ベストセラー「置かれた場所で咲きなさい」で注目された、ノートルダム清心女子大学学長の渡辺和子さんの新刊です。

今回も、心癒される内容です。ぜひチェックしてみてください。

 

さて、毎月第4週には、ラジオをお聴きの皆さんのなかから抽選でプレゼントがあります。

ご希望の方は、

ハガキに、お名前、ご住所、性別、年齢、職業、景品名、

あなたの好きな本か音楽、明屋書店へのご要望、

景品の受け取りを希望される明屋書店の店舗名をご記入の上、ご応募ください。

当選された方には引換券を郵送いたします。

ご記入いただいた受け取り希望店までお持ちください。

応募締め切り:11月7日必着

宛先:〒790-8691

日本郵便松山支店 私書箱1号 株式会社明屋書店 「あなたの本棚」係

たくさんのご応募お待ちしています。

※いただいた個人情報は、景品発送と番組改善のためにのみ使用させていただきます。

10/18放送

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/18放送のゲストは、えひめ文化健康センター カルチャー事業部 部長 垂水麻衣さんでした。

 

地元を盛り上げるための講座、新しい試みの講座、専門的な講座の開講など、とにかく幅広い方に参加してもらえるよう取り組んでおられる、えひめ文化健康センター。

現在、より親しみを持ってもらうため、愛称を募集しています。

詳しくは、えひめ文化健康センターまで直接お問い合せください。

 

さて、今回おすすめいただいた1冊は、『怒らない経営』 (大籔崇/日経BP社)でした。

この番組にもご出演いただき、愛媛を盛り上げたい、という想いを語っていただいたこともあった、大藪崇さんの著書です。

「えひめを元気にするカルチャー」を合い言葉に、日々お仕事をされている垂水さんが、この本を読んで、地元を元気にしたいという熱い想いが伝わり、自分も負けていられない、と元気をもらった、とのこと。

 

ぜひ、地元を愛するみなさん、愛媛にご縁のあるみなさんに読んでいただきたい1冊です。

P1070607

読書への扉

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/11放送のゲストは、医療法人誠志会 砥部病院 院長 中城 敏さんでした。

本がなくてはいられないほどの読書家の中城さん。

今回は、学生の頃に、読書の扉を開いてくれたという本をご紹介いただきました。

『どくとるマンボウ青春記』 (北杜夫/新潮社)です。

 

北杜夫さんのおなじみのエッセイシリーズの1冊ですが、旧制高等学校への憧れから、著者が読んだというエピソートにでてくる本は全て読み、それから幅広いジャンルの本を読むことになるきっかけとなったものそうです。

また、今読み返すと、心に響く文章が昔とは変わっているのも面白くて、若い方にこそ読んでほしい、そして本棚に置いておいてほしい1冊だとか。

 

ぜひ、お近くの明屋書店でチェックしてみてください。

nakajyoincho1011-300x225

 

憲法誕生のドラマ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

10/4放送のゲストは、聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 教授 山本 克司 さんでした。

 

現在、法律家として人権についてわかりやすく学生のみなさんに伝えている山本教授。

ご自分が学生の頃、憲法について学んでいる時に出会った1冊、『史録 日本国憲法』児島襄(著)をおすすめしていただきました。

 

なんだか難しそうな学術書?と思いきや、実はどのように日本国憲法が出来上がったのか、その背景の人間ドラマまで描かれているもので、今だからこそ読んでもらいたい1冊だそうです。

 

憲法について。人権について。山本教授はお仕事柄、どのようにわかりやすく、どんな言葉で伝えていくかが大切だと感じているそうで、憲法についてより知っておいた方がいい、と思った時のアプローチにはぴったりの本かもしれません。

P1070560

 

9月のプレゼント

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

9/7のゲストは、(株)明屋書店 石井店 水口 怜美 さんでした。

 

おすすめの本は、『天空の蜂』 東野圭吾(著)。

最近映画化された作品ですが、実は20年も前に書かれた本だとか。

当時、映像化は不可能、と言われていたそうで、今だから映画化が実現できた、というほどスケールの大きな作品です。

原作ファンの水口さんは、早速映画も観に行ったそうで、期待以上に楽しめたとのこと。

小説と映画、ストーリー展開や面白さを感じる部分が少しずつ違うそうなので、両方楽しんでいただきたい作品です。

 

さて、毎月第4週には、ラジオをお聴きの皆さんのなかから抽選でプレゼントがあります。

ご希望の方は、

ハガキに、お名前、ご住所、性別、年齢、職業、景品名、

あなたの好きな本か音楽、明屋書店へのご要望、

景品の受け取りを希望される明屋書店の店舗名をご記入の上、ご応募ください。

当選された方には引換券を郵送いたします。

ご記入いただいた受け取り希望店までお持ちください。

 

応募締め切り:10月10日必着

宛先:〒790-8691

日本郵便松山支店 私書箱1号 株式会社明屋書店 「あなたの本棚」係

たくさんのご応募お待ちしています。

※いただいた個人情報は、景品発送と番組改善のためにのみ使用させていただきます。

 

 

 

製造メーカーさんのドラマ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ
また久々のアップです。汗
9/20のゲストは、鵜篭会計事務所  鵜篭 貴之 さんでした。
おすすめの本は
『紙つなげ! 彼らが本の紙 を造っている』佐々涼子(著)。
 鵜篭さんは、松山で個人事務所を立ち上げるまでは、大阪の大手事務所で製造メーカーなどの会計士としてお仕事をされていたそうで、
東日本大震災で被災した製紙メーカー工場の再生のドラマが描かれたこの本を読んで、普段は意識していないことや各種メーカーさんの日々営われている仕事に感謝せずにいられない、と改めて感じたそうです。
この番組でも身近な「本」。
その本の紙そのものにも、ドラマがあるんですね。

トップページへ