大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

南海放送

南海放送

本日は

7/11

くもり時々雨

30/23 70%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

6月第3週のショートショート。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

6月も第3週目は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただきます。

6月21日放送のご出演は、

松山おはなしの会  田中 由美 さん

今回は、第15回坊ちゃん文学賞 大賞 「オトナバー」 塚田 浩司 著 を朗読していただきました。

田中さんは、高校で非常勤の国語教師をされているかたわら、松山おはなしの会でのボランティア活動も精力的に行われています。

絵本が好きで、読むのも紹介する機会も多いんだとか。高校の授業でも、教科書に出ている現代文と同じテーマの絵本を紹介して、物語が言わんとしていることは何か考えてもらうと、わかりやすいし視野も広がる、と生徒にも好評なんだとか。

そして、ショートショートも短いなかにオチがしっかりとあって大好き、とのことで、昔は星新一さんを読みふけっていたそうです。

今回ご紹介した「オトナバー」も、物語の伏線の張り方、その回収の仕方、ラストにかけてのオチも、素晴らしい作品ですね、とのこと。

ショートショートならではの軽やかさ、ちょっと不思議で、温かい物語。

田中さんの素敵な朗読で綴られる「オトナバー」、ぜひ楽しんでみてください!

 

■作品名:坊ちゃん文学賞2019大賞「オトナバー」
■朗読者:田中由美(松山おはなしの会)

 

6月第2週、中学1年生のおすすめ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

6月14日放送のご出演は、

愛媛大学付属中学校 1年生 村上雄彦さん。

おすすめの本は、

『 絵物語古事記』偕成社 富安陽子/著 ほか、様々な「古事記」の本です。

一番最初は、お父さんが持っていた「古事記」を読んで面白い!と思ったそで、それから様々な視点や切り口で説かれる書籍を探して読んでいるんだそうです。

古事記は日本の神様の国作りのお話。

神様を生んでいく昔の人の発想など、お話としても面白いし、「絵物語古事記」のように挿絵つきでとてもわかりやすいものもあれば、古事記のエピソードが昔話の桃太郎につながっていることが描かれている書籍があったり、どの「古事記」の本を読んでも面白さがあるとのこと。

また、「古事記」に由来した神社やお寺、遺跡が残っているのもすごいと思うし、なかでも村上さんは「古事記」で黄泉の世界につながる場所の舞台とされているところに行ってみたいんだとか。

子どもたちが、本をきっかけに色々な体験を広げてくれるといいな。

6月第1週こどもたちへ

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第1週目は学校図書館の支援をしている方からのおすすめをお送りしています。

6月7日放送のご出演は、

松山市立清水小学校の図書館で支援をされている、木村 英理子さん

ご紹介いただいた本は

『なんだろうなんだろう』 光村図書出版 ヨシタケシンスケ/著

でした。

ヨシタケシンスケさんといえば、子供から大人まで幅広いファンを持つ、今一番旬と言っても過言ではない絵本作家さん。

この本は、道徳の教科書のコラムをまとめたものに書き下ろしを加えたものです。
「がっこうってなんだろう」「たのしいってなんだろう」抽象的で漠然としたテーマについて描かれています。

ヨシタケシンスケさんならではの発想でユニークに展開されていきますが、
木村さん曰く、「正解は自分で考えてね」としているところもポイント、とのこと。
学校で、家族で、この本の内容のついてディスカッションしてみるのも楽しそうです。

5月第5週

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

今月は日曜が5回。第5週のゲストは、

(株)OVE Enterprise 代表取締役社長 大政 大祐 さん。

サムライダイニングといえばご存知の方もいらっしゃると思いますが、市内に何店舗も居酒屋を展開していて、新たにキッチンカー事業なども手がけています。

ご紹介いただいたのは、

『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』ダイヤモンド社 山口 周 / 著。

 

大政さんは、去年この本が発売された頃、キッチンカー事業を立ち上げようとした際に読んで感銘を受けたそうなんですが、

あれから約1年。

飲食業界がコロナ危機で苦しい状況に立たされているなか、改めて読み返してみると、1年前とは違うところが響いて、違う気づきをもらったといいます。

こんな時だからこそ、経営者の方、ものづくりをされている方には特に読んでもらいたい、とおすすめいただきました。

そして、誰しもが人間関係や生き方に悩む時があると思います。

そんな時にこの本を読めば、新しい「見方」で、その悩みから解放される何かを見つけられるかもしれない、とのこと。

ぜひ手に取ってみてください。

5月第4週のゲスト

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

今回のゲストは、あい整体院 雄郡小学校前院 院長 井上翔太さん。

ご紹介いただいた本は、あい整体院にも常備して訪れる方にもおすすめしているという、

『腰痛の9割は水で治る』かんき出版 髙橋洋平/著

です

 

埼玉県で整骨院を開業している著者は、開業3年でのべ1万人の患者が受診、90%以上の方がリピーターとなっているという、その界隈では話題の人なんだとか。

そのものズバリなタイトルに、「ホント!?」と言いたくなりますが、それくらい私たちは水をあまり飲んでいなくて、そのために身体に不具合が現れるのだ、ということが丁寧に説明されています。

あい整体院の患者さんも、井上さんに腰痛を訴える方がかなり多くて、身体への施術と合わせて、この本を参考書のように示して、普段の生活習慣の改善をアドバイスしているそうです。

腰痛予防のためのストレッチ、筋トレ、または寝具や座椅子などのグッズ選び、腰痛に対する対策は色々とありますが、まずは原因・対策・予防について、腰痛持ちの方にはぜひ読んでみていただきたいと思える1冊。

 

コーヒーは飲んでも水はあまり飲んでないかも、というあなた。

ブレイクタイムの飲み物とは別に、水をお側に置いておきましょう。

5月第3週のショートショート。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

5月も第3週目は、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただきます。

ご出演いただいたのは、

松山おはなしの会の 大原 純さん

朗読や読み聞かせなどのボランティアを探していた頃に松山おはなしの会と出会ったという大原さんは、現在、おはなしを届ける活動を続けて6年目だそうです。

今回は、

第15回坊ちゃん文学賞 ショートショート部門  子規・漱石特別賞 松山 帖句さんの「はるのうた」をご紹介します。

 

舞台は松山。中学3年生の女の子とおばあちゃんの物語なのですが、様々なシチュエーションや会話の松山弁などが馴染み深くて、愛媛の人にはぜひ聴いてもらいたいお話です。

また、物語のポイントに俳句が使われているので、俳句のまち松山にふさわしい、俳句をより身近に感じていただける作品となっています。

実は、朗読してくださった大原さんは、これまで坊ちゃん文学賞がリニューアルされたことを知って、ショートショートを創って応募した経験があるんだとか!(ファンタジー系の作品だったそうです。)

「はるのうた」もとっても素敵な作品で、受賞作と比べたらとても・・とおっしゃってましたが、

ショートショートは読み手としても書き手としても入りやすい世界。

また応募してみたいな、という野望はご本人にもあるそうで、あらためてぜひ挑戦していただきたいです!

現在、第17回の坊ちゃん文学賞のショートショート募集も始まっています。

皆さんも、文学の入り口として、挑戦してみませんか?

そして、普段あまり小説を読まないという方にも、読みやすいショートショートの世界を知っていただきたいです。

 

■作品名:坊ちゃん文学賞2019子規・漱石特別賞 松山帖句「はるのうた」
■朗読者:大原純(松山おはなしの会)

 

 

 

5月第2週、清楚な真珠大使の趣味は筋トレ。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

5月10日放送のゲストは、

松山大学 薬学部 6回生で、2020ミズオンドアール(真珠大使)の 高橋芹那さん。

愛媛県産パールの魅力を全国にアピールする「ミズ・オンドアール」。
真珠のように清楚でやさしい輝きを感じられることが選定基準といわれています。

高橋さんは、小柄で可愛らしい外見、勉強や愛媛への愛について話すしっかりとした語り口調、なるほどです。

おしとやかな印象がある一方で、趣味は貯金と筋トレです!と、キラキラとした目で筋トレの話を始めて、普段のアクティブな一面も見せてくれました。

そんな高橋さんのおすすめは、

『超筋トレが最強のソリューションである』 文響社 Testosterone/著。

ご紹介の本は、こういう筋トレをすればいいというノウハウ本ではなく、筋トレがメンタルに与える影響について書かれてある自己啓発書です。

もともと運動は苦手だったという高橋さん、アルバイト先のジムで筋トレにはまって、今は朝晩歯磨きをするのと同じ感覚で、筋トレをしない日々はありえないというほど。

筋トレを始めて、感情が落ち込みがちだった自分のメンタルも安定したし、筋トレのために食生活に気をつけるようになり、以前と比べて生活も随分改善されたそうなのですが、

この本でデータに基づいて説かれていることは、実際に体感していることが実に納得の内容であると感銘を受けたんだとか。

 

運動が苦手、筋肉をつけるなんて考えたこともない、という女性の方にも、アンチエイジングや健康維持、様々な視点から筋トレの良さがわかりやすく書かれているので、幅広い方にぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

5月第1週のおすすめ。こどもだけでなく大人にも。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

5月3日放送のゲストは、先月に引き続き、

松山市立清水小学校の図書館で支援をされている、木村 英理子さん。

図書館支援をされている方に、子どもに人気の本をご紹介いただきました。

今月のおすすめは、

『こども六法』 弘文堂 山崎聡一郎/著 。

 

法律について子どもにわかりやすく説明されている本で、いじめやいたずらなど身近な例を挙げて、こういうことをすると実はこういう法に触れることになる、と具体的に説明されています。

話題になった本ですし、小学校の図書館でも大人気の本だそうです。

この本を読めば、大人としても、いじめはダメ!と曖昧に言うより、なぜダメなのか、説明もしやすいと思います。

ぜひ親子で読んでいただきたい本です。

一方で、パワハラやセクハラなどのハラスメントは何が問題なのかという基本的な事を子どもむけにわかりやすく説明されているので、

親子でなくでも、なにかのハラスメントに直面している大人の方にも目を通していただきたい1冊です。

 

4月第4週

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

今月から第4週(第5週がある月は5週目も)は、愛媛県内外で活躍されている著名人、文化人のみなさんにおすすめの本をご紹介いただきます。

4月26日のゲストは、愛媛の地元バンド ジャパハリネット ボーカル 城戸けんじろさん。

 

ジャパハリネットは、2015年に再結成し、2019年には結成20周年を迎えました。

そして3月に、20周年を記念した新録ベスト盤「RE:BEST」を発売。

新録、ということが大きなチャレンジで、メンバーが自分たちがやりたい、聴いてほしい曲を選んで、これまでの自分たちがどう変わっていったかを感じてもらいとのことでした。

ぜひ聴いてみてください。

今回は、そのジャパハリネットのメンバーのなかから、ぜひこの本を紹介したい!と、番組への出演に手を挙げてくださったのが、けんじろさんで、

そのとっておきの1冊というのが、

『生命式』河出書房新社 村田沙耶香/著 です。

 

「コンビニ人間」で芥川賞受賞作家となった村田沙耶香さんの短編集。

表題作の「生命式」の物語のなかでは、人が亡くなったときにお葬式とは違う形の「生命式」が行われます。衝撃的な設定・世界観に度肝を抜かれます。

けんじろさんは、どうしてこんな世界観を創造できて、しかも文章として綴ることができるのか・・!と、かなりの衝撃を受けたとのことです。

この本をきっかけに、他の村田沙耶香さんの作品も読んでいるそうですが、どれも自分たちの価値観を揺るがすような部分が多くて、読んでいると、逆に自分が外に見せられないような痛いところを浄化してくれるような気がするんだそうです。

ぜひ、そんな村田ワールドを皆さんも一度味わってみてください。

2020年4月、第3週には朗読はじまります。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

4月から、第3週目もリニューアル。

今月からは、松山おはなしの会のメンバーの方にご出演いただき、どなたにでも読みやすい、ショートショート作品を朗読していただきます。

 

ショートショートといえば、愛媛県松山市出身の作家 田丸 雅智さんがショートショート作家として有名ですよね。

南海放送ラジオとも明屋書店さんともご縁が深く、この番組にご出演いただいたこともあります。

その田丸さんが審査員長を務めるのが、松山市が主催する坊ちゃん文学賞。(第15回の開催からショートショートの文学賞としてリニューアルしています。)

短くてすぐに読めて、書く時間も長くかからないショートショートは、読み手としても書き手としても、小説世界への入口になりうるジャンル。

今回は、第15回坊ちゃん文学賞 ショートショート部門 佳作 小狐 裕介さんの「shell work」をご紹介します。

ぜひ、普段あまり小説を読まない・・という方も、ショートショートの世界を味わってみていただきたいです。

 

ご出演いただいたのは、松山おはなしの会 会長 光藤 由美子さんです。

普段は、朗読よりもストーリーテラーとして子ども達におはなしを聴かせてあげることが多いとのことで、まるでお母さんにお話を聞かせてもらっているようなやさしい口調で語りかけてくれました。

ちょっと不思議で、青春の瑞々しさも感じられるショートショート「shell work」、じっくり楽しんでみてください。

▼光藤さんによる朗読

 

トップページへ