11月3日 *「曇り眼」

日曜の夜、あなたと過ごすほんのつかのま。
「音」「楽」しむ60分。
11月3日のテーマは、「曇り眼」
心が曇ってるから見えたもの
見えなくなったもの…
あの透明な心で世界を見ていた時代は何処へいったのか。

放送後記


伊達の小平太さん
娘が「会社の飲み会がある」と言って街に出かける。
2時が過ぎても帰らず!帰って来たのは、空が明るくなり始めた頃!
「何しよったんぞ!」
「え?カラオケ行って、そのまま朝まで寝てしもうとった…」
ほんとうか〜〜〜?
なかさん
好きな子に「好きだ」と言えなかった頃、色んなモノが見えていて勇気が出なかった。今はすっかり曇っているから、好きでもない子にも「好きだ」と平気で言える。
その場が盛り上がれば平気でウソをつく。汚れた大人になってしまった…
デニー・ジョップさん
働き始めた頃は『お前らには期待しとるぞ」と言われたら、その気になって仕事頑張ってました。
ある程度の年数が過ぎたら「結局、俺らはええように使われてるだけやん」てことに気づき、誉め言葉の裏側を読むようになってました。
先輩からの誉め言葉を素直に受け入れてた頃は、どんな仕事もやる気になってたなぁ〜
雨男のやんすさん
イベント、ラジオ番組、テレビ番組…何か面白いことがある度に
「これは誰が協賛してるんだろ」とか…お金の匂いを嗅いでしまう。子どもの時に見えてた大人の姿って、こんなんだったのだろうか。
どなたまさん
どんなことも曇り眼ぐらいで見てあげればいいんだろうけど、いつも曇ってないんよね〜。曇る前に気付いてしまうこの性分。なんとかならんやろか?(笑)
どなたまの主人さん
心が汚れているのでTwitter上で下ネタに見える悪意ある映像が、ソレにしか見えなくなってます(笑)
デコボコポンさん
訓練すれば、他人のことはある程度クリアに見られるようになってきますが、自分のことは、強烈な自分びいきな〝認知バイアス〟が働いて、まっすぐに見るのは難しいですね。トホホ…
新居浜の祭りっこさん
子どもの頃は自分の気持ちを素直に言えたのに、大人になったら自分の素直な気持ちを押さないといけない場面も多々出てくる。
これが社会を上手く綱渡りするやり方なのか?自分の素直な気持ちが心の中で喧嘩する。
セ・ト・ダのネコおばさん
娘たちは、お父さんには甘い!思春期でさえ仲良かった。反抗も私にだけ。私の眼が曇ってるのか?動かない何もしない父親が何で?好かれるのか?
しかーし、長女と次女は良く気が付く、良く動くダンナさんをしっかり見つけてる。ほらね。父親とダンンアさんは違うのよ!(笑)
セレンさん
ただお互いを想っていられたときはキラキラしていた。
家族の中に二人の居場所ができてから
二人だけのときとは違う人を見ている気がした
いつしか、見たくない見たくないと思うあまりに
私は、もう健康な瞳を取り戻せない体になってしまった。
願い事は、悪いことほど叶いやすいものなのか?
出会った頃の、あの輝く空は
まぶたの裏に隠れた
ネムリンさん
私は今まで相手の言うことを信じすぎて、散々な恋愛をしてきました。悪くなくても向こうの言うことが正しいと思って、ひたすら謝ったり…
でも、もうそんな恋愛はしたくない(><)これからは私もすりガラスのように曇った眼と心で相手を見ようと思います!

瞳のSound Hunter


昭和、平成。南海放送ラジオ60年の歴史に蓄積されたライブラリーの中から、
勘と嗅覚のみでお宝レコードを引き当てる【瞳のSound Hunter】
この夜 引き当てたお宝レコードは、フランスの名トランペッター、ジョルジュ・ジューバン。オーケストラのペット奏者だった父から受け継いだ才能を存分に発揮した一枚です。
フランスの名トランペッター ジョルジュ・ジューバン
「ジョルジュ・ジューバンdeluxe」より『ファニタ・バナナ』をお聴きいただきました。
小田瞳
小田瞳

ジャケットの合成、雑じゃない?

じいやの「今日のひとこと」


色々と〝空気を読む〟ことが増えた今、色々曇ってるのだろうな〜。子どもの頃は「悪いことは悪い!良いことは良い!」と言っていたのですが…様々なしがらみが絡みつきすぎて言えなくなりました。あの頃が懐かしいな〜(ウインドさん)
大人になると全て疑ってかかり〝曇り眼〟でモノを見ますが、子ども達は〝曇りなき眼〟で全て吸収するように見ています。(東の谷の伸ちゃん
照れ隠しでかけ始めたサングラス。外せなくなったのはいつからか。上目遣いが通じなくなってからか…自分の中の少女が少なくなっていく。やだなー!(うわのそらさん)
良い人と悪い人の見分け。いくつになっても晴れることはありません。敵味方がwかるようになれば、もっと色んなことがやりやすくなるんだけどなぁ。(ネロさん)
「俺の眼の黒いうちは、ちゃんと仕事をさせる」と言っていた先輩も3月に他界。おいらも他の会社に出向になった今、現場がたくさんあっても、基礎・鉄塔・通信システム、こういう検査ってのは経験ないとできない。「なんとかできる」と言ってた方は経験不足。曇り眼で検査なんてちゃんと出来ない。目ん玉ひんむいて、ちゃんと見極めて欲しい。(しまなみ007さん)
周りと合わせないと生きづらい世の中だ。人はよく間違った判断をする。きっとその方が簡単なんだ。先入観や思い込み「好き嫌い」「正しい正しくない」の判断なんてみんな一緒のはずがない。真実を知っているのは自分なのに。一点の曇りもなく透き通った心の目で見れているか?無駄が無駄じゃないと知っているか?心の底から笑って、心の底から泣けているか?諦めてはいないか?いつかは決着をつけたい。だけど今夜も「おやすみ」と、わたしは目を閉じる。(きょんちゃん)

その他、たくさんのメッセージありがとうございました。

受け入れる心になるまでは、音楽も意味のないただの騒音にすぎない。
(パウル・ヒンデミット)

 

積み重ねてきた知識や経験は、汚れにも似ている
一度、すっかり落としてみようか…
7daysのその先に…

次回予告


11月10日のテーマは『くっさめ(くしゃみ)
誰が噂してる…小耳に挟んだあの噂って…あなたの暮らしに渦巻く噂話が知りたい。
都市伝説級の噂話が聴けるかもしれない60分。

メール:hips@rnb.co.jp

公式Twitterアカウント「Hips
ハッシュタグ #エフナンhips

 

 

タイトルとURLをコピーしました