red orange yellow green blue pink

あまった食料は、ケチケチせず山小屋において帰るのだ。

酔っぱらいのサラリーマンがいない土曜日の新橋から更新です。

cimg4694.JPG

マッキンリー、山小屋の中。

手前のジップロックに入ったもの、何だか分かりますか?

茶色い粉なんですが、

これは、ココア。

それにしても1年分でも飲みきれないくらいの量だと思いませんか。

実際、そうなんです。

キャンプが終わった時、ほとんど残ってしまいました。

「じゃあ、そんなに持っていかないでいいじゃないか。」

そう思いますよね。

僕も、そう思いました。

じゃあ、なんで・・・?

それは、キャンプする場所に理由があります。

キャンプする場所は、マッキンリー中腹。

キャンプの日数が2週間とします。

もし、2週間分の食料を用意したとします。

そして、キャンプ最終日。

さて、下山しようとしていると、雲行きが怪しくなってきます。

これでは、セスナが飛べません。

それじゃあ、セスナが次に飛べるのは、いつでしょう。

明日? あさって? それとも、3日後・・・。

マッキンリーの天候は、まったく分かりません。

場合によっては、2週間悪天候が続く事も十分あります。

そうなんです。

たくさんの余裕がないとだめなんです。

マイナス30度、40度の極限の場所で、食料がなくなることは、命に関わる事です。

なので、余裕をもっているのです。

・・・なんて、かっこいい事言ってますが、僕みたいな素人が分かる事ではなくて、

すべて、松本さんに教えてもらった事。

そして、もう一つの山の掟は、あまった食料は、ケチケチせずに、山小屋において帰ること。

次に山小屋を使う人が、それで助かるかもしれません。

山小屋の周りには、ホワイトガソリン(燃料)の入った缶が無数にありました。

見も知らない人の事を考える。

そんな考え、今の日本になくなってるような気がします。

コメントをどうぞ