red orange yellow green blue pink

アラスカ到着

img_6147.JPG

7月1日

皆さん、こんにちは。
今日から、ほぼ1ヶ月、アラスカ写真家の松本さんの取材でアラスカに来ているディレクターの伊東です。
メールが届く場所にいる時に撮影の様子をお伝えしようと思います。
よろしくお付き合いください!

番組は、愛媛の方には10月30日、全国の方には、11月20日頃見て頂ける予定です。

ところで、「メールが届く・・・」と言うのは、松本さんが、撮影するためにキャンプする場所は、北極圏や無人島など電話はもちろんメールも届かないところなのです。

今、私がいるのが、アンカレッジ。
アラスカの南、地図で言うとアラスカの一番下です。

mapycyoyyiyay.jpg

松山からアンカレッジまでは、飛行機3機を乗り継ぎ、ほぼ24時間の距離。
昔は、直行便がたくさんあったため、3分の一くらいの時間で着いたんだとか・・・。
すらやましい。

それにしても、遠いです!

明日、私は、松本さんが撮影している北極圏に向かいます
北極圏へは、飛行機を3機を乗り継がないと行けません。

アラスカからフェアバンクス、
フェアバンクスからアークティックビレッジ、
アークティックビレッジから北極圏。

乗り継ぐたびに飛行機はどんどん小さくなっていきます。

フェアバンクスからは、セスナ。
でも、このセスナは、定期便で、ネイティブの人なども利用するために、
8人くらい乗れる、まあまあ大きいセスナです。

しかし、アークティックビレッジからは、小型機です。

明日からは、カリブーを撮影する、松本さんを撮影します。
松本さんの撮影の様子と、美しいアラスカの風景を撮影してきます。

それにしても、こんな脆弱な自分が、松本さんについていけるのかどうか、自信は・・・ありません。

ともかく、ベストを尽くすのみ!!!

今日のアンカレッジは、晴れ。
冷たくて気持ちのいい風がふいています。

アンカレッジ01

今回の撮影中、お世話になるのが大山さん夫婦。
アンカレッジ滞在中は、大山さんの家でお世話になります。
本当に素晴らしいご夫婦で、松本さんと交流の深い方です。
写真家の星野道夫さんとも親しくされていた方です。

日本の方にサポートして頂けるので本当に心強いです。

アンカレッジは、アラスカで一番大きな都市ですが、
大山さんの家は、都心ですが本当に静かな所です。

しかし、なんと、近くに野生の熊やカリブーが住んでいると言うのですから、驚きです。

アラスカは、日本人の感覚では計り知れない、スケールで時間が流れているようです。

4日後には、また、報告します。
それでは、北極圏へ行ってきます!

5 Responses to “アラスカ到着”

  1. しずか役 Says:

     伊東さん、1か月間、アラスカですか!北極圏は寒いでしょう。風邪ひかないように気をつけて、感動の映像を撮ってくださいね。遠くから、祈っています。

  2. まさいとぅ Says:

    こんばんは
    写真を見る限り、あまり寒い感じはしませんが、北極圏はやはり寒いのでしょうか?
    体調に十分気をつけて、熊に食われないように、無事帰国を祈っています。

  3. 大崎 Says:

    松本さんの取材をされているので、松本さんの写真は惹かれるものがあって好きですね。北極圏には気をつけていかれてください、報告を楽しみにしています。

  4. 川口 啓子 Says:

    英朗君アラスカで頑張ってる様子インターネットを通じて見させていただいてます
    寒暖の差、熊や蚊との戦い大変でしようが素晴らしい自然の撮影をされ未知の世界をみせて いただくのを楽しみにしています
    体に気をつけて良い仕事をしてください。                     寒さにも負けないようにね。。。

  5. 伊東ディレクター Says:

    皆さん、コメントありがとうございました。
    頑張って撮影しています!

    放送を是非ご覧ください。

コメントをどうぞ