red orange yellow green blue pink

ファイヤー松本さんは、薪ストーブの達人・・・でもないか・・・

tho20-13352005.jpg

南東アラスカ、キャビンの中でのんびりする松本さん。

なぜだか、かわいいピンクのクロスが机にはひかれています。

左後ろには、以前、このブログでも紹介した、

「熱すぎず、寒すぎず」とは真逆の

熱すぎて、寒すぎての薪ストーブが見えています。

tho20-14133521.jpg

ハイ、こちらが、火の番人、ファイヤー松本さんです。

ファイヤー松本って、何だか、ロックバンドの歌い手のような、悪役プロレスラーのような・・・。

でも、このファイヤー松本さんは、薪ストーブの達人・・・でもないか・・・。

でも、自分で薪を割って、ちゃんと火をつけて。

写真の感じもいい感じでしょ。

『薪ストーブに火をつけて30年。

松本のこだわりは、オレンジ色の炎を出す事。

このオレンジの炎を出せるようになるには、10年の経験が必要だとファイヤー松本は言う。

わしゃ、赤ん坊のころから、火をみてきたんじゃ。

昔は、燃えやすい木がたくさんあったもんじゃが、最近は、なかなか手に入らない。

時代が変わったのう。」 みたいな感じじゃありません?

そして、もう一発!

tho20-14152308.jpg

今日は、火の番人、ファイヤー松本さん特集でした。

冬のアラスカ取材は、なかなか難航しています。

まったく、準備もできておらず、気持ちばかり焦っています。

4 Responses to “ファイヤー松本さんは、薪ストーブの達人・・・でもないか・・・”

  1. otoboke Says:

    オレンジの炎は達人技とは知らなかった。
    クリスマスはどっちでしょう。

  2. やまね Says:

    まさにオーロラ・ファイヤー・マスター!...修行中...

  3. 伊東ディレクター Says:

    otobokeさま
    ありがとうございます。
    ヤッパリクリスマスは、暖かなオレンジでしょ。

    よーく、燃える時は、
    オレンジの火で、ゴッゴッゴッゴッって燃えます。
    そんな音が始まると熱いのって熱くなのって、
    熱いんです。

  4. 伊東ディレクター Says:

    やまねさま

    ありがとうございます。

    ファイヤー松本さんの、必殺技オーロラ・マスター。
    これで悪役レスラーも一発でノックダウン。
    オーロラのようにゆらゆらしながら、
    やっつけます!

コメントをどうぞ