red orange yellow green blue pink

おなか減ったら力が出なくなる。力が出ないと眠くなる。眠くなるから動かなくなる。

月曜日, 11月 29th, 2010

松本さんより

現在、埼玉県飯能市に生息中の天然ボケの伊東Dにメールが届きました。

・・・あの鳥の名前は『Sandhill crane』(サンドヒル・クレイン)といって、和名はカナダヅルです。

僕もあのときまでは飛んでいる姿しか見たことがありませんでした。・・・

あの鳥とは、この鳥です。

tho20-14214505.jpg

アラスカに17年間通い続けている松本さんですら飛んでいるところしか見たことがないというのですから、

それを見る事が出来た僕は、ものすごくラッキーです。

そして、その写真を見る事の出来た、このブログの読者の方は、本当にラッキーです。

(・・・と、ラッキーを強調して、さらにブログを読んでもらおうという腹黒い伊東ディレクター)

(皆さん、騙されちゃあいけませんよ)

それにしても、サンドヒル・クレインなんて、なんて、こう垢ぬけた、かっこいい名前なんでしょう。

♪おーおー、オーマイ、サドヒル・クレ〜イン、私の、ベイビー♪ みたなサビに出てきそうですね。

とにもかくにも、この鳥がいる事を遥か遠い、車で行かないといけないくらい遠いところから、

わざわざ呼びに帰ってくれたパティさんに感謝です。

tho20-14204302.jpg

今日の一枚は、

tho20-14333820.jpg

パティさんの家で、キャンプの道具を整理する松本さん。

すごい量でしょ。

それにすごい種類でしょ。

・・・ちなみに、左に写ってる自転車は持っていきませんよ!

北極圏で自転車に乗るっていうのも凄いかもですが・・・

(なになに、そんなこと言われなくても分かってる。?ありゃ、こりゃまた、お呼びでない?

こりゃまた失礼いたしました。どひゃー・・・。    古い? 古いですよね?)

・・・気を取り直して・・・

こうやって見てみると、人間、生活していくのに最低必要なものがこれだけあるという事ですよね。

松本さんは、必要なものを細かくメモして、

それを見ながら、それぞれのキャンプに必要なものを必要なだけパッキングしていきます。

へっぽこディレクターの僕のように、

寒くても、暑くてもだめ。

おなか減ったら、力が出なくなる。

力が出ないと眠くなる。

眠くなるから動かなくなる。

動かなくなると、不平を言う。

不平を言うから、喉が渇く、

のどが渇くから、機嫌が悪くなる。

機嫌が悪くなると、荷物が重くなる。

荷物が重くなると、不満を言う。

不満を言うから、腹が減る・・・。

と基本的に我慢が出来ない人は

食料は、これで、もし足りなかったら、

我慢するなんて耐えられな〜い。と食料をたくさん持っていくだろうし、

服なんかも、もし寒かったら大変だから、とたくさんもっていくだろうし、

退屈になるといけないからと、段ボールいっぱいの雑誌とかもっていくし、

僕が、もし、同じく一人でキャンプ行ったりしたら、

トラック一台分の荷物で、大変なことになりそうです。

やっぱり、松本さんのように、必要なものを必要なだけ、もっていく良識が写真家には必要なのです。

キャンパーにとって、荷物は、大切です。

今日の飯能市も晴れ。

明日の、ロケは、晴れそうです。

何とか無事撮影できますように。

明日は、飯能市から、午後は、東京のスタジオで収録で〜す。

お上りさんは、都会に弱い!