red orange yellow green blue pink

北辰一刀流、ちょっとへっぴり腰的薪割り師範の松本翁の見事な技

金曜日, 11月 26th, 2010

tho20-15492121.jpg

これと、これっ

tho20-13273601.jpg

やっぱり、似てますよね。

黒クマそっくりな犬くんの名前は、やっぱり出てこなくて、アーレフでもなくて、ゴンザレスでもなく・・・。

黒クマにそっくりな犬くんに、よく似た、黒クマ。こっちは、本物です。

今日は、特別に、このブログだけで、松本師範にご登場頂こう。

北辰一刀流、ちょっとへっぴり腰的薪割り師範の松本翁は、

これまで、数十年にわたり、薪割りを極めてきた幻の薪割り名人である。

平常心を保ち、薪の心と一心同体となった時、

薪自らが「割ってください」と声を発するを聞き、

その声に導かれるがごとくに、我が手にし、斧を振り下ろす。

第35代当主十郎衛門之助又七の手による極めた斧は、

「私に薪を割らせて下さい」と声を発するという。

松本師範は、半眼となり、精神を統一、薪の年輪へと心を静めてゆく、

そして「えいっ」という声とともに、

斧を振り下ろした時、不思議な事に、薪は自ら割れ、松本師範の足元にコロコロと転がるのである。

それでは、松本師範の見事なまでの薪割りの技をご覧下され。

tho20-16231403.jpg

えいやっ

tho20-16210226.jpg

うおおおおおっ

tho20-16235906.jpg

そして、師範自ら割りし薪を、我が子を抱くかのごとく、いとおしみながら運ぶ松本大師範。

tho20-16243011.jpg

松本師範、心得の掟

薪を割りしは、わが心を割るがごとく。

わが心を割りしは、薪を割るがごとく。

心一つにせば、おのずと道は開け、

薪は、真っすぐに割れるものだ。

                  紀生

いかがだったでしょうか。

先生の、ちょっとへっぴり腰的な見事な薪割りの技をご堪能頂けたのではないかと思います。

南東アラスカでの、ひと時でした。

緊急速報!

深夜未明、松本紀生さんより、メールが入り、

話題となっていた、あの黒クマにそっくりなドンさんの家の、ドンな犬の名前がわかりました!

名前は、ハドリー。

ヘッポコディレクターの伊東氏が、

いかにもハリーポッターに出てくる名前だと大騒ぎをしていましたが、

氏の単純な勘違いであることが分かりました。

氏は、次のようにコメントしています。

申し訳なかった。軽はずみにハリーポッターに出てくる名前だと言ったが、

軽率だった。ハグリットという大男の名前に似てはいたが、これは、他人の空似とでもいえるものであり、

次回からは、きちんと調べたうえでお答えするようにしたい。

しかし、松本氏は、ハドリーが、オスかメスかについては、言及を避けている模様です。