red orange yellow green blue pink

ワオ!ワタシのアツイハートがクールダウンネ!

木曜日, 11月 18th, 2010

22ieu-14364619.jpg

北極圏から帰りのセスナの中です。

といっても、北極圏からフェアバンクスは、2機のセスナを乗り継がなければならないので、

その後半戦。

アークティックビレッジという、ネイティブの人たちが住む集落からフェアバンクスまでの機中です。

僕の隣には、松本さんが座ってます。

それじゃあ、目の前にいる人たちは何者?

ネイティブの人たちではありません。

一番前に座ってるおじさんは、運転手さん。

この飛行機の運転手さんの話は、

http://blog.rnb.co.jp/alaska/?m=20100907

こちらのサンドウィッチ操縦をご覧ください。

目の前に座っているのは、女性です。

しかも、3人組。

彼らは、なんと、アークティックビレッジでセスナにカヌーを積んで意気揚々と帰るところなのです。

じゃあ、どこでカヌーに乗ったの?

もちろん北極圏!

えーーーー!!

北極圏の川と言えば雪解け水ですよ。

しかも、まだまだ分厚い氷が残る川。

たった今解けました、という出来立てほやほやの、

いや、出来立てひえひえの水が流れてるんです。

あの、おしんが、「冷てえ、冷てえ」と言いながら手を真っ赤にしながら大根を洗っていた川の水。

といっても分からないか・・・。

とにかく冷たい水が流れる川で、カヌーに乗るなんざ、とても常人のできることじゃあござんせん。

しかも、50歳代の女性でござる。

日本で、50歳代の女性といえば、あれですよ・・・。

いや、やめておこう。

下手な事を言うと、柳田法相のようになってはいけないので・・・。

自らこのブログを辞任すべきである・・・なんて事になってはいけないので。

日本の50歳代の女性は、おしとやかで、とてもそんな、氷水の急流下りなんかできないですよね。

(卒のない「個別事案への回答は差し控えたい」的な言い回し)

寒がりのへっぽこディレクターの私なんざ、ちょいとでも水しぶきがかかろうものなら、

「ひえええええ、体が凍るううう」とか何とか、大騒ぎ。だと思います。

実際、北極圏で濡れたらどうするんだろう。

「ワオ、ワタシのアツイハートがクールダウンネ」とか何とか言いながらタオルでちょこっと拭いたりするんでしょうか。

やるもんです。

大したもんです。

僕も、そんな男らしい・・・いやいや、女らしい男になりたい。です。