red orange yellow green blue pink

いやいやいや、ハチべえには困ったもんじゃのう。カッカッカッ。

月曜日, 11月 8th, 2010

tho20-12041910.jpg

松本さんが指さしているのは何?

と思っているあなた。

そんなあなたは、マギー史郎の手品でもひっかかってしまう素直な人です。

注目は、指している指じゃなくて、右手。

手に持っているのは、

そう、箸です。

松本さんが、無人島で落ちていた枯れ木を削って作ったマイ箸。

結局、使ったのは1回だけ。

そりゃそうです。

毎日食べるのは、豆雑炊ですから・・・。

tho21-12052615.jpg

こちらは、無人島の森の歩く松本さん。

飛脚みたいに見えますが、

担いでいるのはカメラです。

格さん助さんにも見えますが・・・。

それじゃあ、僕は、黄門様?それとも、ハチべえ?

どっちかと言うとハチべえかな・・・。

御隠居〜。もうダメです。おなかペコぺこですよ〜。

あれー、こんなところに茶店が!ご隠居、ちょっと休んでいきましょうよ〜。

いやいやいや、ハチべえには困ったもんじゃのう。カッカッカッ。

そこへ、綺麗な女の人が、「おやめ下さい!お許しください」と飛び込んでくる。

黄門様「これこれ、娘に、何をするんじゃ。はなしてやりなさい」

チンピラ「何をおぅ。この田舎ジジイが。おめえには、関係のないことだ。すっこんでろい」

格さん助さん。いためつけておやりなさい。手加減はいらんぞ。

いかんいかん、ついつい、黄門フリークなもんで、

脱線してしまいましたな。格さん助さん。かっかっかっかっ・・・。

話し戻って、

こんな感じで、ひょこひょこ森の中を歩くのですが、

これが、また早い!

なかなか、ついていけない。

ほとんど猿状態。(見かけじゃないですよ。歩くのが・・・)

まあ、山の中を自在に歩くドリフト野郎とでもいいましょうか。

森の中は、朽ちた木や、岩で、とにかく歩きにくいのですが、

なんでしょう。

直感的に、このルートをいくと、歩きやすいと言う事が分かるんでしょうね、松本さんは。

やっぱり、猿のような・・・。