red orange yellow green blue pink

伝説の***野郎、松本さんのこのエピソードは、いつまでも語り継がれる事でしょう

水曜日, 11月 3rd, 2010

naea-10073817.jpg

なんだか、おかしいでしょ。

松本さんがリュックサック背負って歩いているのに、風景は、日本ぽいでしょ。

そうなんです。

日本なんです。

松山なんです。

ところで、なぜ歩いてるでしょう?

そして、何を背負って歩いてるでしょう?

それでは、まず、何を背負っているのか。

から、お答えしましょう。

むにゃむにゃ、むにゃむひゃ・・・ううううう、橋が見えます・・・(ちょっと古いですね)

むにゃむにゃ、むにゃむにゃ・・・背負っているのは、リュックサック。

そして、中に入っているのは・・・見えます。見えます。見えてきました・・・。

な、なんと、スピーカーが2つ見えます。

そうなんです。

リュックサックの中にはスピーカーが2個入ってるんです。

スピーカーを背負いながら歩く松本さん。

なぜー!?

これは、不可解だ!

よさこい祭りの音響係の練習か・・・?

ビッグスクーターの若者風に、ドンチャカ言わしながら歩いている?

「ドンチャカいわしながらー、歩くのがー、最近多いっす。そっす。 いいっすか。」

それはないだろう。

松本さんが、「チーッス。松本っす。やばいっす。ウイッシィ。 」とか言ってるはずはないし。

答えは、

答えは、

アラスカでの撮影の為に、毎日、歩いて体力をつけているのです。

背中のリュックは、フォトライブの為のスピーカーで、

ドンチャカ鳴らしながら歩いているわけではなくて、

ちょうど重さがいいからだそうです。

まあ、星ひゅうまの大リーグ養成ギブスとでもいいましょうか。

元プロボクサーが開発した、汗が滝のように出るウエットスーツとでもいいましょうか。

柔道一直線で、桜木健一が履いていた鉄下駄とでもいいましょうか。

簡単にいえば、おもりです。

なーんだ。

しかし、考えてみて下さい。

日本広しといえども、毎日スピーカー背負って歩いている人は、松本さんくらいですよー。

スピーカーを背負わせたら、右に出るものはいない松本さん。

伝説のスピーカー野郎、松本さんのこのエピソードは、いつまでも語り継がれる事でしょう。

だから、松本さんは、歩くのが早いんですよ。

僕が追いつくはずがない。

恐るべしスピーカー走法!!

naea-10120107.jpg

サクラを見上げる松本さん。(今年の春撮影)