red orange yellow green blue pink

デジャブ・ドンさん

金曜日, 8月 20th, 2010

ドンさん関連4連発!

ドンさんって、カッコイイ名前ですよね。
初めて松本さんからドンさんって聞いた時、僕の頭にパっ!と思い浮かんだのは、
背が高くて、ちょっとお腹が出ていて、ひげもじゃで怖そうだけど、優しそうなアメリカ人。

だってドン、さん、なんですから。

そしたら、イメージの通りのドンさんだったので、驚き!でした。
デジャブです。

まず、この写真は、ドンさんが住む、南東アラスカのまち、ピータースバーグの港。
その港に横付けして荷物を運びこんでいるのがドン船長のボートです。

左のグリーンの服を着ているのがドンさん。
右が松本さんです。

ドンさんは、普段はパソコンの仕事をしていて、夏場は、ボートで氷河クルーズをしたりしています。

ドンさんの家には、明るくて優しい奥さんと、黒クマにそっくりな犬がいます。

yeyouoiyuye.jpg

この船で、黒クマがうようよいる??カシーツクリーク。や、無人島のブラザーズアイランドに連れて行ってくれるのです。

そして、下の写真は、ドン船長のボートから、松本さんのボートに荷物を積み替えているところ。
大きな船は、陸に横付けできないので、どうしても小さなボートに人も荷物も積みかえなければなりません。

写真の場所は、南東アラスカの無人島、ブラザーズアイランド。

松本さん、たって操縦しているんですけど、結構、ボートは不安定で、
僕なんか座っているだけでやっとでした。

yeyouoiyuyeeyyayuyeaae.jpg

ドンさん、荷物を渡しています。

ちなみに、手に取っている黒いバッグが、僕の使ったカメラバッグ。
この中に、カメラ一式と交換レンズ、バッテリー、充電機・・・など、機材一式が入っています。
このバッグが、なんとも重くて、見るたびに恨めしく思いました。

そして、キャンプでは、バッテリーの充電ができないので、
使い終わったバッテリーはただの鉄の塊なので、これまた、見るたびに恨めしい。

yeyououeoaiaae.jpg

そして、最後がドンさんのおうち。
素敵ななうちですよね。

家の周りには、野生の野イチゴがいっぱいなっていました。

海岸まではあるいてすぐ。

前にも書きましたが、ピータースバーグは、他の町へつながる道がないので、
船か飛行機で移動しなければなりません。

本当に静かでこじんまりとしたまちです。

yoyyydhyyeyouoie.jpg

ピータースバーグには、ホッカイドウハウスというのがあって、実際に北海道から何人か働きに来ているみたいです。
結局、会う事は出来なかったのですが、どんな人が住んでいるのか興味しんしんでした。