Archive for 12月, 2017

2017.12.29

えさシネマアワード2017発表! 

Author: ロッベン江刺

年末恒例の今年公開された映画ベスト3&金返せ3の発表です

もちろん独断と偏見

【金返せ部門】

第3位「メッセージ」:宇宙人がスミを吐くのはやっぱりタコにしか見えん!

第2位「ザ・サークル」:ストーリーが予想通り過ぎ!私でも思いつく(ウソ)

第1位「エル」:大御所なんでしょうがなぜこの女優?!もう少し若いのが…

なんだかアカデミーにケンカ売ってるみたいですねW

サッと流して

【ベスト部門】

第3位【ハードコア】
VRの世界が映画に!新しいチャレンジはつねに評価に値します

第2位【ダンケルク】
キネ旬では1位で寄稿しました。とにかく監督のファンってことで

第1位【ゲット・アウト】
低予算&無名俳優でこの面白さ! 圧倒的オリジナル力に脱帽
ジョーダン・ピール監督はハリウッド超大作を横目にしてやったりでしょうね

おまけ

今年読んだ本(新刊&文庫含む)から独断偏見で

【ロッベンのイッペン読んでみアワードベスト3】

第3位【夫のちんぽが入らない】こだま著
タイトルに騙されてはいけません。メチャ勇気を貰えます

第2位【蜜蜂と遠雷】恩田陸著
直木賞に外れなし!本屋大賞に偽りなし!読みながら“音が見えて”きます

第1位【文庫X】清水潔著
中身の『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』を隠して売るという
斬新なチャレンジと冤罪を突き止めた筆者の執念が全文章からあふれ出しています
いろんな人に呼んで欲しい!という担当者に激しく同意

来年も名作&珍作にたくさん出会えますように!

2017.12.21

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「ゲット・アウト」

*ネタバレ注意

両手足を拘束された黒人青年が

メチャ泣いてるやん!しか情報が無く観ました

…面白かったです(怖かった~)!

理由が性奴隷だったとは日本人じゃあ到底予想不可能でしょうW

お金かけなくても発想次第でヒット作になるんですね

(マッド・マックス超え)

監督のジョーダン・ピールはコメディアンだそうで

しかも初監督作品

お金をかけて有名俳優、大御所監督を使っての名作はあたりまえ

圧倒的なオリジナル力!

“笑い”と“恐怖”って限りなく近い紙一重なんですよね

引いて(俯瞰)みると爆笑だけど

近く(当事者)だと恐ろしい

2017年ラストにトンデモ作品と出会いました!

4.5シネマ

*来週のモーニングディライトで恒例のベスト3&金返せ3発表

2017.12.20

えさシネマ倶楽部

Author: ロッベン江刺

「スター・ウォーズ  最後のジェダイ」

*ネタバレ注意

まあ中間の話なのであまり進展はありません

レイはルークの娘なのか?カイロ・レンの妹なのか?

も含めて全ての答えはエピソード9まで引っ張るよとW

2時間40分近くあるので普通の人はちょっと長く感じるかな

私はファンなのでゼンゼン観れました

絶体絶命!ってなってもうダメだってときに

ギリギリでファルコンがやってきて「待たせたな!」みたいなパターンは

ベタだけど好きです

最後まで諦めちゃいけないんだ!といつも泣きそうになります

ところで話は変わりますが

太川陽介さんはジェダイなのでしょうか

あれほどの事が起こっても怒りに身を任せない

感情をコントロール出来るのはもはやマスターレベルです

その点、松居一代さんは…って話がずれ過ぎですね

ルークが死ぬのも予想できたし

ヨーダも出てきたし全体的にはOK(上から)!

傑作ではないけれどSWはやっぱり面白い

またまた新3部作を作るそうですが

出来れば次作は「I am your Father」並みの衝撃が欲しいな

3.5シネマ

2017.12.20

ロッベンのイッペン読んでみ!

Author: ロッベン江刺

「ユニクロ帝国の光と影」横田増生著

ユニクロを一代で巨大企業にした柳井社長のワンマンぶりと

ブラックぶりを著者自ら潜入して書き上げた調査報道もの

内容がきつ過ぎて名誉棄損で訴えられたが勝訴したっていう

シナリオも購読意欲を掻き立てます

これくらいじゃないと創業者にはなれないよな~という成功譚部分と

店舗や中国工場での厳しすぎる労働環境の暗黒部分

“光と影”のタイトル通りです

読みながらうわ~ホントに酷いな~とつぶやいている

私の全身がユニクロで包まていましたW(中味もヒートテック)

働くならZARAで着るなら(安いし)ユニクロかな

4ブック