大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

7/24

くもり

34/27 30%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

伊予のストーンヘンジ!高浜地区の松山・白石の鼻巨石群@大本レポ

In Category-高浜地区, 松山
By番組スタッフ

※高浜地区取材(2)松山・白石の鼻巨石群 1/25のポッドキャスト※

皆さんこんにちは!
くまなくめぐり隊最年少で、
(自称)期待の新人☆愛媛大学1回生の大本です!

さて、私にとって初めてとなる今回の取材…、
舞台は高浜地区!

愛媛大学4回生の中島さんと一緒に巡って参りました(`・ω・´)

向かった先は、高浜6丁目にある「松山・白石の鼻巨石群」

なんでも、この遺跡の岩の間には
毎年春分と秋分の日に夕日がはまって光の帯を作るそうで、
別名「伊予のストーンヘンジ」
とも呼ばれているんだとか!
神秘的でワクワクしますね~(^0^)!

高浜公民館館長補佐で
松山・白石の鼻巨石群調査委員会代表理事の
仲矢文和さんに案内していただき、

いざめぐり隊出動です!

高浜地区最北端の海際にある龍神社

その向かいに広がる海の沖に積み重なっている岩たちが
白石の鼻巨石群です。

1番奥に見える最も大きい白い岩の塊が白龍石で、

この岩たちが重なっている僅かな隙間に
ピッタリと夕日がはまるそうです!
そう・・・、まるで・・・・・・、それを計算して作られたかのように・・・・・・・・・。

本当に人工的に作られたものなのか、真相を確かめるべく、
一同は仲矢さんの船に乗って沖へ出航!

寒くて震えても、船酔いして気持ち悪くなっても、なんのその!
真実をこの目で確かめるまでは帰れません(笑)!

水面に隠れて少し見にくかったのですが、白龍石を裏側から見ると、

たしかに人工的に削られたような跡が・・・!

自然に積み重なって出来たにしては
無理があるような岩の重なり方をしていました。

しかしそうだとすると、白龍石を作ったはるか昔の人々は、
どのようにして太陽の動きを計算したのでしょうか?

また、どうやってあんなに大きな岩を
機械無しで沖まで運んだのでしょうか?

謎は益々深まるばかりです・・・。

だけど、そんな神秘的な部分が多いところもこの遺跡の魅力の1つ。

「これからも調査を続けていきたいです!」
少年のようにキラキラと瞳を輝かせながら、仲矢さんはおっしゃっていました。

たくさんの人に夢とロマンを与える「伊予のストーンヘンジ」・・・、
今後の調査の行方に期待です(^▽^)!

高浜にある白石の鼻巨石群って何!?

In Category-高浜地区, 松山
By番組スタッフ

※高浜地区取材(2)松山・白石の鼻巨石群 1/25のポッドキャスト※

引き続き、愛大4回生の中島啓介くん
新メンバー愛大1回生の大本恭子さんの2人による
高浜地区取材の模様をお届け。

松山観光港より県道を北に向かって進んだ、
高浜6丁目にある“松山・白石の鼻巨石群”。
img_0073.jpg
案内くださったのは、
浜公民館の館長補佐で
松山・白石の鼻巨石群調査委員会の代表理事
仲矢文和さん
img_0098.jpg

高浜地区の最も北の海際にある“龍神社”
img_0075_takahama.jpg
と向かい合うように、沖に積み重なっている
巨大な石の塊がその一つです。
img_0114_takahama.jpg
手前が三ツ石、奥が白龍石

白龍石は、遠くから見てもわかるほど大きいです。
9mくらい、5つの巨石合わせて推定100トンはあるとのこと!
複雑に重なった石の隙間に、
春分と秋分の日に夕日が通過し、陽の光の帯をつくると。
img_0116_3.jpg
↑ちょっとわかりにくいですが、こんな感じ。

そして三ツ石は、夏至に太陽が沈んでいく際、
陽の光のラインが海面に写って、この3つの石の間を綺麗に通ります。
img_0116_2.jpg
こんな感じ。

もう一つ、龍神社正面向かって左手の亀石
img_0119_takahama.jpg
裏側に回ってみると、
img_0122.jpg
こんな感じ。
大本さんと比べると大きさがわかりやすいかと思います。
この隙間に夕日がハマる、と。

白龍石は、お気に出て裏側から見たほうが
“人工的に作られたんじゃないか”と予想できる部分が見える、ということで
img_0080.jpg
仲矢さんの船を出していただき、レッツゴー!
ここまで準備下さるとは思いもせず、めぐり隊一同感激です。

img_0089.jpg
座った時の海面の近さにドキドキしながら、
そして大本さんは船酔いで若干青い顔をしながら(笑)沖に出ました。

大きな石を傾けるために差し込まれたように見える部分が、
写真の部分です。
img_0108_2.jpg
この日は、満潮のあと位だったので、海面に隠れて見えにくいですが…
img_0107_2.jpg
引き潮のときには、こんなふうに見えるのよ、
ということで写真も一緒に見せていただきました。
img_0128.jpg
確かに違和感。
場所によっては、明らかに削ってる(割ってる)?という部分もあるし
自然にできたと考えるのには確かに不思議な部分が多いかも…

これまでの調査など詳しくは、
松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページをご覧下さい。
夕日の写真など綺麗に写っているので、
よりわかりやすいと思います(^^)

img_0113_takahama.jpg

“古代遺跡かもしれない…!”そんな夢を抱きながら
調査を続ける松山・白石の鼻巨石群調査委員会。
きっと面白い事実が眠っているはず!?
今後の調査も気になるところです(^^)

高浜のターナー島と秋山兄弟銅像@中島レポ

In Category-高浜地区, 松山
By番組スタッフ

※高浜地区取材(1)ターナー島(四十島)と秋山兄弟像 1/18のポッドキャスト※

みなさんこんにちは!愛媛大学4回生の中島啓介です!
img_0061.jpg

今回は、前回訪れた三津浜地区のおとなり、「高浜地区」に行きました!
僕が紹介するのは、
小説「坊ちゃん」に登場する四十島(ターナー島)と、
img_0022.jpg
梅津寺公園にある「坂の上の雲」に登場する秋山兄弟の銅像でっす!
img_0048.jpg img_0056.jpg

なぜ日本の島なのにターナー島という俗称なのか?
それは小説「坊ちゃん」に由来します。
以下引用です。

−−前略−−
「あの松を見た給え、幹が真直で、
 上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」
と赤シャツが野だにいうと、野だは
「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。
 ターナーそっくりですよ」
と心得顔である。
−−中略−−
すると野だが
どうです教頭、これからあの島をターナー島と
名づけようじゃありませんか
とよけいな発議をした。赤シャツは
そいつは面白い、われわれはこれからそういおう
と賛成した。
−−後略−−

というわけです。


この島、元になったターナーさんの描いた絵を見てみると確かに少し似てましたw
img_0022.jpg
ちなみに島といっても周囲が訳140メートルなのでけっこう小さいです。

しかも時が経つにつれて年々崩壊が進んでいるそうです。
それは保存せねば!

というわけでターナー島を守る会が発足したそうです。


ターナー島が親しまれている理由は「坊ちゃん」に出ている
というだけではありませんでした。

現在は、主に松山の離島へのフェリーが出ている高浜港ですが、
過去は県外へのフェリーの殆どが高浜港から運行していたそうです。
img_0030.jpg
それで、県外からフェリーで帰ってきた人は、
高浜港の近くにあるターナー島をみて、
あぁ松山の郷里に帰ってきたのだなぁ
と思っていたそうです。
昔から見慣れており、親しまれていたのですね。


そして梅津寺公園にある秋山兄弟の銅像。
img_0046_takahama.jpg
場所は高浜公民館のすぐ裏、
伊予鉄梅津寺駅のすぐ近くの小高い丘の上にありました。
見晴山というからにはさぞかし高いところからの眺めがいいのだろう
と思っていましたが、実際にはそんなに高くありませんでした。

でも見晴らしは最高でしたよ!気持ちよかったです!
img_0065.jpg
兄弟の像は以前は道後公園内に建てられていたのですが、
昭和18年の金属供出で撤去されてしまいました。

戦争も終わり、お兄さんの好古は
昭和38年に石手寺に再建されたのですが、
昭和45年に現在の梅津寺に移転されました。  
img_0048.jpg 
ちなみに、銅像が向いている方向は
日露戦争があった中国の方向を向いているそうです。

弟さんも同様で、
金属具出されてから昭和43年に梅津寺に再建されました。
img_0056.jpg
銅像の台座にある銅板の内の一枚は、
金属具出に出さずにいた、一番最初に建てられたときのものです!
(兄・好古さん同様です)

よくぞ出さずにいた・・・秋山兄弟への深い造詣がわかりますね!

このように高浜地区には、
知ってる人は知っているターナー島、
そしてひっそりと中国の方向を眺めている秋山好古の銅像、
真之の銅像があるのでした!

一番印象に残ったのはターナー島ですね。
保存会の方にターナー島が一番きれいにみえる場所
案内してもらったのが嬉しかったです。

夏の夕暮れ時なんかに
意中の相手と見に行くと
なんだかロマンちっくな雰囲気になりそうですね〜!
img_0028.jpg
では、後半はピチピチ1回生新メンバーの大本さん
船で酔った話をしてくれます!
乞うご期待!?
では!