大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

12/11

晴れ時々くもり

10/8 20%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

12/21 「風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー」

In Category-北条地区, お知らせ, イベント情報, イベント紹介, 松山, (4)自然, (5)グルメ
By番組スタッフ

↑↑↑ 2016年12月21日(水)放送はこちらから ↑↑↑

風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー

開催日:2017年1月14日(土) 3月4日(土)   9:30~
場 所:北条地区
対 象:小学生以上(18歳未満の方は保護者の同伴が必要)
定 員:各回とも先着22名
参加費:700円(昼食代+保険代)

*******************************************************************
ゲスト:NPO森からつづく道  事務局長  黒河由佳さん

北条地域では、
・萩原・上難波地区の農家
・スーパーのフジ
・堆肥を製造している(株)ロイヤルアイゼンの3者が
「風早有機の里づくり推進協議会」を組織し、循環型農業に取り組んでいます。

具体的には、フジの店舗で発生する食品ゴミを、
ロイヤルアイゼンが熟成させた堆肥にし、
この堆肥を使用して(株)OCファーム暖々の里をはじめとする農家さんが
安心・安全な野菜を生産し、その野菜をまたフジの店舗で販売するという循環です。

今回のツアーは、それぞれの現場を訪ね、直にお話しを聞くことを通して、
「持続可能な社会を継承するために、私たちがすべきことや暮らしのあり方を考える機会になれば」と思い企画されたそうです。

具体的なツアー内容は、
フジ・夏目店を訪ねて、食品残渣(廃棄品など)を保管している様子を見学します。
食品残渣を良質な堆肥にするためには、鮮度が高い方が良いため、
フジさんでは食品残渣を冷蔵庫に保管されています。
また、売り場では地元で採れた野菜を販売するコーナーを設けられていてその様子も見学します。

次は、食品残渣を受け入れて堆肥にするロイヤルアイゼンの見学です。
ロイヤルアイゼンの堆肥製造工場が受け入れる食品残渣は、
スーパーや学校給食、一部の外食チェーン店やコンビニなどからで、
1日に13~14㌧を処理しているそうです。
食品残渣を粉砕して発酵させ、およそ半年かけて完熟堆肥に仕上げる工程を見せてくださいます。

OCファームは「タマネギ王子」こと長野隆介さんと、弟の洋平さんが中心となって経営されています。
OCファームの圃場を訪ね、1月はキャベツを、3月はタマネギの収穫体験をさせていただきます。

私たちは農家さんに日頃の食を支えてもらっていますが、
農家さんのお仕事の実情を知る機会は少ないと思います。
当日は実際に土にも触ってもらって野菜を収穫し、農業を体感してもらう機会になります。

お申込み・お問合せは、森からつづく道事務局 089-992-9152まで。

1月29日 北条の「庄大根」②

In Category-北条地区, 未分類, (4)自然
By番組スタッフ

先週にひきつづき、北条の伝統野菜「庄大根」を紹介します。

改めて庄大根は、北条の庄地区でおよそ150年前から伝わる
伝統野菜で、首の部分が赤色なのが特徴。

しかし、かつて、一度だけ無くなる危機があったんです。

IMG_6530

青首大根との交配が進んで、庄大根本来の特性が失われたんですが、
地元農家さんたちが、県の農業試験場にお願いをして復活しました。
それ以降は、北条・庄地区の農家のお母さんたちが
「庄大根研究会」を立ち上げて、伝統の味を守り続けています。

写真 3

きょうは、この庄大根を使った料理をご紹介!!

大根を採ったあとに、お母さんたちが大根料理を振る舞ってくれました。

写真 1

私のおススメは、庄大根の「口金汁(くちがねじる)」。

IMG_6527

切り干し大根の味噌汁です。
切り干し大根を輪切りにしたとき、その形が瓶の王冠(口金)に
似ていることから「口金汁」といわれています。
具材は、松山揚げ、豆腐、ネギと至ってシンプル。
でも、これは庄地区では欠かせない料理です。

毎年7月20日の、虫祈祷の豊作祈願の縁起物として、この口金汁と、
はったい粉(大麦を炒った粉)をまぶしたおむすびをお供えするとのこと。

他にも庄大根レシピで印象的だったのが、
ピンク色に染まった庄大根のお漬物。

IMG_6526

色々アイデアを出しながら、庄大根をPRしようとされているんだなぁと
感じました。

写真 2

 この庄大根の収穫は3月までつづきます。
風和里、太陽市(おひさまいち)、ハトマートで購入できるということです。
また道後ふなやさんと茶波瑠さんでも頂くことができます。

ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZへ!後編

In Category-北条地区, 北条, 松山
By番組スタッフ

※旬の話題*ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZへ参加 8/7のポッドキャスト

7月21日(日)に開催された「ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZ」へ参加した
めぐり隊の大本恭子さんと、友人の高尾智子さん。

駅前の方にも、本当にたくさんの人がいたようで、
ディレクターを残し、録音機を持って駅前へ出向いた2人は
スタッフの方に話を聴こうと試行錯誤…!

屋台の種類もたくさんあって、
中でも「30mのそうめん流し」はイベントの目玉!!
地元の人が切ってきた竹を使って、本格的なものでした。
実は、去年は40mだったそうなんですが、
皆がうまく食べるに至らず(笑)
その反省を活かして、そうめんを流す地点を増やす工夫をしたそうです
参加者に楽しんでもらいたいという地元の皆さんの気持ちが伝わってきました。
子どもたちもたくさん参加していて、
昼の鹿島のにぎわいに続き、
夜に差し掛かった北条の駅前もとてもにぎわっていましたよ!

大本さんも高尾さんも大学の授業の関係でよく知っている、
北条地区まちづくり協議会事務局長の安藤光夫さんに、
改めてお話も伺いました。

「鹿島や北条をもっと元気にしたい」という熱い思いと、
安藤さん自身が楽しんで活動されている姿に、2人も更に元気をもらったようです。

地域をよく知る地元の人が積極的に活動することで、
地域の魅力を何倍にもして引き出すことができるんだろうなぁと、大本さん。

数字としても、去年よりたくさんの人が鹿島に訪れているのがわかって、
地元の人たちの継続的な取り組みが
実を結びつつあることを感じた
取材でもありました。

そしてお昼ごはんは北条の美味しいもんをしっかり食べた2人!
灼熱の太陽の下でしたが、美味しいお昼ご飯に、パワーを貰いました。
1つは、北条のたまねぎカレー。

海cafeで食べることが出来ますよ。

そして、太田屋の鯛めし!!これは本当にご飯と鯛と少しの調味料だけ…
鯛そのままの素材の美味しさが引き立つウマウマご飯なのです。

ん~美味しくて幸せじゃぁ~~!!

夏だけじゃなくて、これからの季節は釣り場としても
なかなかのスポットになる鹿島…1年中楽しみ尽くさないとね!

ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZへ!前編

In Category-北条地区, イベント情報, 北条
By番組スタッフ

※旬の話題*ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZへ参加 7/31のポッドキャスト

今回は、今、まさに“まちづくり”に熱い、北条への取材です!
7月21日(日)に開催された「ここ夏鹿島ke↑駅前ゆかたまつりZ」
めぐり隊の大本恭子さんと、友人の高尾智子さんが参加しました。

2人は、愛媛大学で観光コースを専攻している、
まちづくり、まちおこしについても考え、学ぶ学生です。
実際に、去年親子で参加する鹿島ツアーの企画にも関わったということで、
ここ1年の北条、鹿島の変化を体感しているとも言えます。

鹿島へは、乗船3分で到着する渡船に乗って…。

「鹿の人形が乗ってなーい(´・ω・`)」という大本さん(笑)
鹿島への渡船は2隻あって、一方の屋根には鹿さんが乗っているのです。
でも、その舟に乗ると、鹿は見えないんだよーと思わずツッコむスタッフ。

オープニングが始まる11時には、既に鹿島に人だかり!
朝9時からビーチフラッグス大会があったから、ということもあるのでしょう が…
ま~人があふれていました!!

そんな中、レストハウス前のステージ周りでは
北条愛児園の鼓隊の演奏で、ステージイベントがスタート。

そして風早活性化協議会会長の篠原さんのご挨拶、

来賓の野志市長のご挨拶と続きました。

 

その後、ステージでは子ども対象の菓子撒きが行われたんですが、
その場所より少し奥、海水浴場では、ビーチフラッグス大会が行われていました。

小学生たちの白熱の戦い…!!
 

思わず声を出して応援してしまいます。
11:30過ぎだったかな?ちょうど敗者復活戦あたりでした。

熱い中での取材なので、無理しないように水分補給もしながらです。
手に汗は握るけど、疲れすぎないように…

そして、子供達を取材します。
この子は早いな~!という子にどんどん声をかける大本さんと高尾さん。
取材に初めて一緒に来た高尾さんも、しっかマイクを握って…頼り甲斐ある友です…!

 

「練習はしてないけど、楽しい!」という元気な子もいれば、
「このために練習しました!」という気合いの入った子もいて、とっても楽しそう(`ω´)!

ステージを見つつ、美味しいもんも頂きます(^人^)

  鯛めしに玉ねぎカレー…

 

ステージでは、フラダンスが披露されていました。

 

午後は、お客さん参加型のイベントが盛り沢山!ということで、
大本さん、高尾さんも参加!

まずは、「ビーチサンダル飛ばし大会」
午前中に子供達の元気も見ていますから、気合いも十分です。
 シャキーン☆

…で、結果はどうだったかというと…

大本さんは飛ばすタイミングがわからず、
なぜか、サンダルを後方の空に高らかに蹴飛ばし(笑)
マイナス2~3mという不思議な記録をたたき出しました(笑)
どうやったら後ろに飛んでいくんだい!?

ただ…この後男性が15m越えで、全体1位の座は奪われましたが、
高尾さん、13m28cmで、見事女性1位☆
 勝者、余裕の笑顔( ̄ー ̄)☆

 

余程悔しかったのでしょう…か(笑)
大本さん、その後の「スイカ早食い大会 」で、
先程以上の気合いを見せます!!!

見よ、この佇まい!!( 」゜д゜)」
「これは、スイカとの戦いです!!!」とでも言わんばかりの厳しい目線(笑)

 やる気十分!!

そして…よーい、スタート!!

音も立てずにもさもさもぐもぐ…華奢な体からは想像できない食いっぷりです。
でも、しっかり味わっております。

そして、約1分…
食べ終わって一言、「鹿島、サイコー!!」と叫び、6人中見事1位に!

 

口いっぱいに頬張っているので、ちょっとモグモグしながら退場…
スイカは、立岩地区で育った大きくて甘~いス イ カ !

競技中は必死だったみたいですが、終わってから話を聴くと、2人とも
「このスイカ、美味しかったです!」 「すごくみずみずしくて、甘い!!」との感想。
普段、スイカよりメロンが好きーなんて言っていたけど(笑)これは美味しかった、と。
そんな発見もあったみたいですよ。

最後に、勝者余裕のピース(笑)ドヤ顔ですよ、大本さん!

北条地区鹿島取材@和田レポ

In Category-北条地区, 北条, 松山
By番組スタッフ

みなさん、こんにちは!
お久しぶりです(* ・ω・)ノ

主婦修行中の(早口言葉ではないですよ!笑)くまなくめぐり隊、和田です☆

今回は中島さんと一緒に北条地区にある鹿島に行ってきました!!
20110702130258.jpg
今回鹿島は私にとって二回目なんですよね〜ヾ(^▽^)ノ

前回は去年の話ですが、
北条であった風早ウォークに参加した際に行きましたね〜!!
そのとき鹿島はシカと戯れただけなんですが、
今回はよりもっと深く深く・・・ディープに探ってきましたよっ!

今、鹿島はものすごく熱いです!!
私たち学生はもうすぐ夏休みなんですが・・・
今月16日から鹿島渡船料金などなどの割引がスタート致します!!
20110702130830.jpg
みなさんに鹿島に行っていただきたい私の気持ちを知ってもらうために、
鹿島を周遊船でぐる〜〜っと回ってみました☆
20110702140700.jpg
1周するのに約30分の運行です!
その30分の間にはものすごく神秘的な風景が広がっています!!!!!

私の言葉では本当に表せない位なんですが・・・

島の裏側は、現在土砂崩れによる整備で通行止めなので、
地上からでは確実に見られないものがたくさんあります U^エ^U

だいたい船が運航してから10分ぐらいすると
鹿島の西側にあります『伊予の二見』と呼ばれる夫婦岩があります。
二つの岩の間には大しめ縄があります。
毎年、年に1回海上安全や五穀豊穣などを祈願するために、
鹿島祭りの伝統行事として大しめ縄の張り替えが行われます。
来年の5月見に行ってこようかなあ〜ヾ(^▽^)ノ

周遊船に乗ると、伊予の二見だけではなく、
たくさんの自然が作った不思議な形をした岩があるなど、
今まで見たことがないようなものがありますよ〜☆

そして、島に降りたってからキャンプ場に案内していただきました☆
そのキャンプ場は完全無料で、水や火が無料で使えます。
この時期にはやっぱりキャンプですよね(* ・ω・)ノ
ぜっっったいに、友達と行こうかと計画中でございます☆
キャンプ場の近くには、
きれいな砂浜もあり・・きれいな夕日も見えるし・・・かわいいシカもいるし・・・
20110702140557.jpg
まぢて、鹿島サイコーーー!!

ってことで・・・・

私、和田のレポート終了でございます。
鹿島まぢでよかった!!

北条鹿島取材@中島レポ

In Category-北条地区, 北条, 松山
By番組スタッフ

※北条地区取材(2)鹿島取材の7/20のポッドキャスト※

今週スタジオで取材報告したのは、愛大4回生中島くん!
img_0004.jpg img_0007.jpg
進路も決まって、髪型もサッパリ!
おっと、いい男の雰囲気が隠し切れませんね・・・
さわやか中島スマイルで(ラジオなんで、見えませんが)
鹿島での山登りのお話をしてくれました。

++++++++++

みなさんこんにちは、約一年ぶりぐらいの登場の中島啓介です!
 dscn4440.jpg
おかげさまで就職活動も終わり
無事取材に復活することができました☆

これから半年間ほど、
大学を卒業するまでよろしくお願いします \(^_^=^_^)/ ♪

しかししかし

今回の取材で僕自身は
4回取材に行ったうち3回が北条という風早マニアに・・・
dscn4434.jpg dscn4531.jpg
とても気持ちのいいところなので喜んで行くんですけどねっ!

たまには街中の地域資源の発掘もしてみたいもんだ=┌(; ・_・)┘

とまぁ前置きは置いといて、私は今回初鹿島の山(?)を登りました〜
dscn4445.jpg dscn4459.jpg dscn4466.jpg
高さ115メートル、そんなに高くないし、余裕だぜ
と思っていましたが案外険しい道のりでした。

しかし、島の山というのは初めて登ったのですが、やっぱり違います!
dscn4462.jpg
時たま木のかげからみえる海、本土。
普段は遠くからながめているあの島のてっぺんに向かっていると思うとわくわくします。

また、鹿島には鹿がいるので、
山の斜面に佇む野生の鹿を発見できます。
dscn4490.jpg
無人島、野生の鹿…これであなたも気分は探検家!?

頂上からの眺めも絶景!
dscn4474.jpg dscn4476.jpg dscn4480.jpg
本土の山から島や海岸線を望むというのは、
前回の風早ウォークの時に経験しましたが、
今回は海側から本土を望むというシチュエーション。

普段とは違う、島から眺める景色は、
言うならば日本地図をひっくり返してみるような新鮮さ。
自分でもこうも違うものかと感心してしまいました。
dscn4479.jpg

風早の名にふさわしく、
頂上で吹く風は登り切った私たちの体を気持よく冷やしてくれ、
より一層爽やかな気持ちになりました。

帰りは島の裏側から降り瀬戸内海の島々を眺めながら、
爽やかな風を受けながら降りました。
dscn4487.jpg

下山したときには程よい疲れを感じることができ、
運動不足な自分には体にも気持ちにもよかったような気がします。

今回の登山でまたひとつ鹿島の、北条の魅力を感じることが出来ました。

あなどることなかれ、鹿島!

では!

dscn4492.jpg