大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

5/29

晴れ

29/17 10%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

ワインのように熟成する作品

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

4/30と5/7、2週にわたってご登場いただいたのは、競歩元日本チャンピオンで健康運動指導士の忠政啓文でした。

おすすめの本は、お父様から学生の頃にすすめられた本で、大人になって改めて深く感銘を受けることとなった1冊、

『夜と霧』(みすず書房)ヴィクトール・E.フランクル/〔著〕 池田香代子/訳 です。

 

ユダヤ人精神分析学者が自らのナチス強制収容所体験を描いたこの作品、

極限の状況でどんな人が生き残ったのか、冷静に綴られるなかで、「生きる」ということとは何か、考えさせられます。

最初に読んだ学生時代には、収容所の凄まじさや戦争とは、という印象は大きかったものの、深く感銘を受けるまではなかったそうです。

ただ、大人になって、辛いことがある時にこの本を手に取ると、少し冷静に自分の置かれている状況を見たり、立ち止まって先を見つめることができる、と感じ始めたんだそうです。

 

そして最近、がんを患い2年にわたる闘病の末、最期を看取ることとなったお父様のおかげで、改めてその作品の内容が身近になったとのこと。

 

数ヶ月の余命先刻を受けたお父様が下した決断、その後脅威の回復力を見せてほかのがん患者さんたちとともに闘病生活を送るその生き様は、全く状況は違えど、まるで「夜と霧」を綴ったフランクル博士のようで、

お父様から、「お前は健康に携わる仕事をしているんだから、病床で俺が見ていること、体験していること、お前が感じていることを財産として仕事に生かせ。」と、冷静に伝えられていたそうです。

 

お父様が亡くなられて、より一層特別な1冊となった、この名著。

「特別な1冊」は、読んだ時に特別になるものと、時間をかけて特別になるものと、2種類あるのかもしれません。

いい本は、本棚に寝かせておくべきだという結論。

 

 

 

 

直木賞と本屋大賞、w受賞。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第4週は、明屋書店の書店員さんからのおすすめの1冊のご紹介です。

 

今回のご出演は、SerenDip明屋書店アエル店の武方美佐紀さん。

 

おすすめいただいたのは、『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)恩田陸/著 でした。

 

ピアノコンクールが舞台となった青春群像小説で、今年の直木賞を受賞しました。

そして、4月に発表された、本屋さんが選ぶ本屋大賞でも大賞を受賞。

実は書店員さんとしては、直木賞を受賞した作品には1票は入れない、と思う方も多いそうなのですが、

それでも大賞を受賞したということは、その素晴らしさに感嘆した人が多かったということでしょうか。

 

ストーリーのおもしろさ、素晴らしさはもちろん、

音楽を言葉で表すのは難しいけれど、この本を読んでいると音楽が頭に響いてくるような素敵な作品だそうです。

 

話題の1冊。ぜひ、みなさんも手に取ってみてください。

 

今月のブックマスターおすすめの1冊

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第3週は、ブックマスターからのおすすめの1冊。

ブックマスターは、有限会社デュークショップ代表取締役の秋森泰次さんです。

 

今回の1冊は、『希望荘』(小学館)宮部みゆき/著。

 

宮部みゆきさんの大ファンという秋森さん。

宮部さんといえば、ミステリーという印象が強いですが、
その時その時代の特徴ある社会的事件を取り上げて、そこに潜む人間の本性を描くのがとても上手い!

なんとなく、スティーヴン・キングに似た感覚のある作家さんだな、と思っていたところ、実は宮部さんご自身が、スティーヴン・キングが大好きと知って、納得!だったそうです。

 

その宮部みゆきさんの最新作が、この作品。

人気の杉村三郎シリーズの第4作目です。

主人公の杉村が独身となって心機一転、探偵事務所を開業。

ここから物語がどう進んでいくのか。

 

探偵となったからには、きっとこの先長く続くシリーズになるのでは。

宮部みゆきさんファンにとって、長いお付き合いになりそうなシリーズがまたひとつ増えました。

 

家を建てるときには。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

4/9のゲストは、みねおい内科・循環器内科院長の三根生和明さんでした。

 

常に優しい語り口から、病院では患者さんやスタッフさんにまで、その優しさが行き届いているんだろうな、というのが伝わってくる三根生先生。

今回おすすめいただいた本は、

『ゼロエネルギー住宅のつくり方 プロとして恥をかかないための』(エクスナレッジ)西方里見/著 です。

 

ご自身が家を建てる時に、色々と勉強されて、一番参考にしたい、と思った1冊なのだそうです。

エネルギーをゼロにできる建物にすれば、未来に向けてのコストパフォーマンスも高い!

しかも、体への負担も激減する!

豪邸を建てるより大切なものは・・と気づかせてくれるような内容だとか。

 

実用書らしく、実際の設備や設計、事例もオールカラーで掲載されていて、見ていて夢が広がりそうです。

 

今から家を建てる、いつか家を建てたい、そんな方にはぜひ手に取ってみてください。

松山の作家さんが「このミス」受賞者に!

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

4/2放送のゲストは、『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞された、松山市在住の作家、柏木伸介さんでした。

 

県職員として働きながら執筆を続け、今回の受賞が決定し、その作品が今年に入って発売されました!

作品は「県警外事課 クルス機関」。

ぜひお近くの明屋書店で手に取ってみてください。

 

そして、その柏木さんおすすめの1冊は、

10分間ミステリーTHE BEST』(宝島社)『このミステリーがすごい!』大賞編集部/編。

 

『このミステリーがすごい!』の過去50作品をまとめたショートミステリー集です。

50作もあるのに、どれも違った味わいの個性的なミステリーが集められた、珠玉の1冊だとか。

ミステリー好きの方はもちろん、ミステリー初心者の方にもおすすめ。

どんな作風が好きか、ご自分で探してみてください。

3月第4週

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第4週は、明屋書店からのゲストをお招きしております。

今回は、明屋書店中央通店の木下亜希子さんにご登場いただきました。

 

おすすめの1冊は、『ツバキ文具店』(幻冬舎)小川糸/著。

今年の本屋大賞ノミネート作品の1つです。

読みやすく、この本に書かれていることを実際にやってみたくなるような作品だそうです。

舞台となっている鎌倉にも行ってみたくなるとか。

とても穏やかに内容が進んでいくので、最近疲れていたり仕事に追われている方に、ぜひ手に取っていただきたいとのこと。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

ブックマスターおすすめの1冊

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

3/20放送では、ブックマスター有限会社デュークショップ代表取締役の秋森泰次さんからのおすすめの本をご紹介いただきました。

今回のおすすめは、『流星ひとつ』(新潮文庫)沢木耕太郎/著。

 

宇多田ヒカルさんの母親、藤圭子さんが芸能界を引退する直前にインタビューした内容が書かれているノンフィクション作品ですが、
なんと全部会話のみで書かれていて、説明が一切ありません。

どういう経緯でデビューして、何があって10年で引退したのか。

 

実は当時、インタビュー後に原稿が出来上がり、発表もOKとなっていたけれど、沢木さんの判断で出版されることのなかった作品で、藤圭子さんが亡くなられて、去年発売されました。

内容も手法も衝撃的な1冊、そして、なぜ発売されなかったのか、読んでみればわかる、とのこと。

そう言われると、もう読まざるをえませんね。笑

難しそうで、難しくない。

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

3/12放送のゲストは、愛媛大学地域再生マネージャーの大野勲明さんでした。

 

大野さんは、現在地域再生マネージャーとして、伊予市中山町の「犬寄峠の黄色い丘」の活動のサポートや、これからの農業を支えるシステムづくりなど、精力的な活動をしてらっしゃいます。

 

今回は、ご自身の活動にも参考になったという、

『理系の経営学』(日経BP社)宮田秀明/著 をご紹介いただきました。

 

理系に縁のないものとしては、なんだか難しそう・・と思ってしまったのですが、

何かのプロジェクトを進める場合、実は、理系の考え方でシミュレーションを進めること+最後は人間力が大切、というプロセスが説かれていて、とてもわかりやすい内容だそうです。

 

経営学、とありますが、経営者の方向けというより、何かのプロジェクトや企画に取りかかっている人にもおすすめの1冊です。

そして、何かにチャレンジしたいという人にも、プロジェクトの種は身近にあるので、何かを見つけて具体的に進めるイメージを持ってもらいたいとのこと。

 

ぜひチェックしてみてください。

「求めない」

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

3/5放送のゲストは、洛彩スイーツファクトリー店長 坂田葉子さんでした。

松山市桑原のおいしい和菓子が人気の洛彩スイーツファクトリー、今年で11周年を迎えられたそうです!

 

今回、坂田さんがおすすめしてくださったのは、『求めない』(小学館)加島祥造/著。

 

装丁もとっても素敵な詩集です。

求めない、の後に続く何行かの言葉が心に響きます。

自分のその時の状況によって、必要な言葉をいただけるような1冊です。

 

坂田さん曰く、いつも忙しくて、自分が頑張らなきゃ!と頑張っている人に、一息ついて手に取ってもらいたい詩集とのこと。

明日からまた頑張るために、お手元に1冊、いかがでしょうか。

 

2月のプレゼント

In Category番組ブログ
By番組スタッフ

毎月第4週は、明屋書店からのゲストをお招きしております。

今回は、明屋書店MEGA平田店の元屋地 綾さんにご登場いただきました。

 

おすすめの1冊は、『インスタント・ジャーニー』(実業之日本社)田丸雅智/著。

 

松山市出身のショートショート作家、田丸さん。

以前、この番組にもお越しいただきました!

田丸さんの作品は、読みやすいうえに、後に何か残る心地よさもあり、デビュー当時から作品の大ファンだという元屋地さん。

 

この1冊のなかには、美しい物語、心温まる物語、ユーモアのある物語、と色々なショートショートが詰められているのが楽しい、そして、読み終えると旅に出たくなりますよ、とのこと。

ぜひ手に取ってみてください。

 

さて、今月もリスナープレゼントを実施しています。

ご希望の方は、

ハガキに、お名前、ご住所、性別、年齢、職業、景品名、

あなたの好きな本か音楽、明屋書店へのご要望、

景品の受け取りを希望される明屋書店の店舗名をご記入の上、ご応募ください。

当選された方には引換券を郵送いたします。

ご記入いただいた受け取り希望店までお持ちください。

応募締め切り:3月10日

宛先:〒790-8691

日本郵便松山支店 私書箱1号 株式会社明屋書店 「あなたの本棚」係

まで。

たくさんのご応募お待ちしています。

※いただいた個人情報は、景品発送と番組改善のためにのみ使用させていただきます。