大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町

南海放送

南海放送

本日は

9/26

くもりのち雨

25/22 70%


テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

『朝のナショナリズム』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

東京での4泊5日の荷物は膨大です。

青森に弔問に出かける喪服に着替えて、スーツやカジュアルは宅急便で送ります。

お願いします。
「はい。元払いですね。えーっと、長野県ですね」
愛媛です!!松山市を知らないの?

いつもの僕なら笑って済ますのに、なんでトゲトゲしい言い方をしてしまったんでしょう。

「失礼しました。松本市と間違いました」

多分、昨日の「関東愛媛県人会」のせいだな、と(笑)。

いわば、故郷ナショナリズム。

司馬遼太郎さんがなんかの本で書いてました。
ナショナリズムはいつの時代も美しく昂揚します。そして攻撃的になります…、と。

あかん、あかん。実に僕らしくない。

“朝のナショナリズム”をちょっと反省して北に飛びます。

愛犬の10年目の命日に思いを馳せて。

『ラストダンスは…じゃこ天に』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

日本テレビ系列の社長会で、昨日はみなさんに利用して貰っている「南海アプリの挑戦」…を発表して、
絶賛を受けました。

(南海放送アプリはこちらをご参考ください) 

会議の後のパーティは各局が持ち寄るふるさと自慢の食材とお酒がならびます。
この企画、経費がかからないというメリットもありますね(笑)。

例えば…山梨放送からはワイン。テレビ宮崎なら地鶏の唐揚げ。札幌テレビは海の幸。
ウチだとじゃこ天…てな具合です。

各地の地酒、地物をバイキング方式で、ネットワークみんなで飲み食べ歩く訳です。

が、最後は自分のトコのじゃこ天に留まってしまいます。わざわざ、ここで食べなくてもいいのに…(笑)

名曲「ラストダンスは私に」は、他の女の子と踊っていてもいいから、最後は私とお願いね…という
乙女の恋心を歌っています。

あのドリフターズの名曲(1960年)からタイトルをパクリました。

金曜の朝、曇天の東京より。


※「ラストダンスは私に(原題 Save The Last Dance For Me )」The Drifters

『初々しい…ということ』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

〜赤シャツの逆襲・撮影現場リポート〜

赤シャツが漱石を糾弾する為に黄泉の国から蘇ってきたというストーリー。 


それは小説「坊っちゃん」のせいで、ひ孫娘がイジメられていたからです。

そのひ孫・沙織役の女の子(田河也実ちゃん・・将来大女優になるかもしれないから、覚えておいてください) は東京のオーディションで選ばれました。

付き添って、現場の隅から心配そうに見つめているお母さんに聴きました。

彼女は、劇団とかに入って長いんですか?

「いえ。まだ二、三ヶ月なんです。初めていただいたお仕事なんです」

赤シャツ役の佐藤さんのお尻を押してる女の子です。

演技は上手なのに、実に初々しいです。

陣中見舞いでプレゼントした「みきゃん」と「ウイット」がお気に入りでした。
佐藤(二朗)さん。彼女はデビュー三ヶ月らしいんですが、佐藤さんのデビューはいつですか?

「僕は遅いんです、31歳。サラリーマンやってましたから…」

と、真面目に。

筧(利夫)さんは?

「僕。二、三ヶ月で、このお仕事が初めてなんです」

爆 。爆。スタッフが全員のけぞります(笑)

はい、初々しいです。

(椿)鬼奴さんは?

「最初のお仕事はセックス依存症の女の役でした」。

筧利夫さんがマジで大声を出します。

「子供の前で言わないの!!」(笑)

皆さん。初々しい…です。そして楽し過ぎます!!
※「赤シャツの逆襲」

子規・漱石生誕150周年記念 南海放送オリジナルテレビドラマ

2017年11月24日(金)19:00~19:56放送(愛媛エリア)


 

『それぞれの純情』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

南海放送オリジナルテレビドラマ「赤シャツの逆襲」撮影現場にタクシーで到着したら筧利夫さんが、

漱石の衣装でドアボーイとして迎えてくれました。

愉快な方です。


午後の撮影前に逢いたかった椿鬼奴さん(裁判長役)を表敬。


ロケ地は埼玉のゴミ処理を行うビル。そこが松山地裁に早替わりしていました。


ドラマにもチョイ役ででる星加アナウンサーはメイキング特番のインタビュー役。

この日のために「赤シャツのワンピース」をデパートで買ってきたんだそうです。


気持ち、気持ち、その純情が大事なの。

「実は私。川之江高校の演劇部出身なんです」と星加アナ。

なに?!東雲高校と並んで演劇の名門じゃないか? そんなこと言わなかったろ?

「はい。でも、演劇部で女優になれず照明担当だったんです」(一同。コケる…笑)

実は僕も今日は(お見せできませんが…)赤いパンツをはいてます。赤いシャツがないもんで。

これ。…原作者の純情です。

※「赤シャツの逆襲」

子規・漱石生誕150周年記念 南海放送オリジナルテレビドラマ

2017年11月24日(金)19:00~19:56放送(愛媛エリア)


『老眼鏡のディスクジョッキー』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

僕の敬愛するDJ・亀渕昭信さんの担当するラジオ番組「お宝POPS」(土・20時00分~)。
今日。その電話ゲストとして出演、収録しました。

ドキドキですよね。
だって考えてもみてください。
美空ひばりに憧れ、歌手になりたくて上京した18才の女の子が、
そののち美空ひばりとデュエットすることになった。・・みたいなものですからね。違うかぁ!?・・笑

14時。約束の時間にスタジオ入りしました。
ほら。直前まで白い老眼鏡でデスク仕事していたから、そのままでスタジオに入っちまった。
それほどあがっ ていました。
ちなみにかけてもらった曲は「心はいつもバレンタイン」(ニルス・ロフグレン)。
僕が自分の葬送の時、流してほしい曲です(笑)

ニルス・ロフグレンは元々、ブルース・スプリングスティーンのバックバンドのギタリスト。でも、この唄ではブルースがバックコーラスをつとめています。

レコーディングでは、今日の僕みたいにあがったろうなぁ・・・、とか。

南海放送は10月14日(土) 20時~の放送です。
※全国各局の放送時間はまちまちですが、10月第二週の放送です。

老眼鏡の元DJは、冷房が入っているスタジオなのに、終わったら汗びっしょり。まだわずかに、可愛いとこが残っているということですね。

※亀渕昭信さん
1964年ニッポン放送入社、オールナイトニッポン・パーソナリティーなどを担当され、
1999年ニッポン放送代表取締役社長就任。社長退任後は、ラジオパーソナリティとしてもご活躍中。

※「心はいつもバレンタイン(原題:Valentine)」
ニルス・ロフグレンのヒット曲(1991年)

『満中陰志(まんちゅういんし)の空。そしてディスペラード』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

仏教でいう四十九日法要明けに香典返しをすることを「満中陰志」と言うらしいです。

必ず遺族からの御礼文がついているけど、ほとんどの人は読みません。
当日の「会葬御礼」もそうだからと、僕は定型文をやめて、自分で書きました。

葬儀社の人が「満中陰志」もお書きになりますか?
というので、勿論!と。 

義理で来ていただいたとしても、僕は人情だと感じているんだから、
面倒だけど僕の心意気だし、もっと格好よく言うと”純情”なのだから…。

それは・・先輩のYディレクターから教わった事。

彼と組んで番組をしていた頃。
冒頭あいさつから原稿をびっしの書き込んでいる台本だったけど、
僕は自分の言葉と感覚で喋りますから・・・と台本を無視。
ところが毎週、Yさんはびっしり書いてくる。

さすがに悪いなと思って、もう一度冒頭の挨拶文は書かなくていいですからと言ったら、
「いいんだよ。ディレクターの心意気だから・・」と。

今。そういう台本を書いているディレクターは一人もいなくなりました。いい悪いは別にして・・。


見あげれば、松山城は秋の雲におおわれています。

休日を幸いに、素足でデスクに向かいます。

「このたびはご愁傷様でした」と声をかけてくれたコンビニの店員さん。
そこで買ったカフェラテと偶然流れてきた「ディスペラード」(イーグルス)をお供に・・・。

※Desperado/Eagles 1973年

『人生は不思議に満ちています。』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

テレビドラマ「赤シャツの逆襲」の決定稿が届きました。


見開くと最初のページに原作の名前が…。

嬉しいなぁ〜。


大昔。
水中翼船(当時)で広島にいく途中、船酔いして、トイレにずーっと篭っていて(笑)そこで浮かんだストーリーでした。

…こんな日が来るとは。

あの日、瀬戸内海が穏やかで船酔いしなかったら、浮かばなかったかもしれません。

“人生は不思議に満ちています”

来週。東京の収録現場に陣中見舞い持って行ってきます。

『拝啓、中田久美さま。あなたばかりを観ていました』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

シンクロの井村雅代監督もそうですが、日本女子バレーボール代表監督のあなたには強く惹かれます。

付き合いたいとか、一緒に暮らしたい・・とかの色恋の感情ではなく、もっと凛とした人間的な魅力を感じるのです。

バレーボールって他局のもの・・ってイメージがあったのですが「グラチャン」が日本テレビ系列の中継であったので、
久しぶりにきちんとゲームを見てみたのです。

でも、結果。あなたばかりを観ていました。

カッコいいです。

眼差しの真剣さも、少し漂う後ろ姿の孤独感も・・みんな、みんな素敵です。


そういえば尾崎豊と同じ中学の同級生だったと聴いたことがあります。本当に級友だったのでしょうか?

ま、二人は別世界の感性の持ち主だから、交わることはなかったでしょうけれど。

『ブラ和ちゃん』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

西木恵美里アナウンサーが9/12(火)の『ミヤネ屋』に抜擢されて(?) 一日、アシスタントで行く事になったらしい。

どうぞその日に変な事件が起きませんように・・
きわどいアドリブに対応できますように・・と、励ます目的でアナウンス室を覗いたら

「~17時 小豆島 取材」とホワイトボードに書いてある。

なんだ、「こまめじま」かぁ・・と独り言のようにボケてみたのに、だれも突っ込まない。

おいおい、突っ込んでくれないと本当に漢字が読めない社長だと思われてしまうじゃないか!?

仕方ないから「オーロラセンター(レコード、CD倉庫)」に行ったら、
昼間のラジオDJのトリュウ君と星加アナが反省会をやっていました。

12時05分頃のイエスの「ロンリーハート」の入り、良かったよ・・と声をかける。
僕の場合はいつもお世辞抜き・・。

なぁ星加ちゃん。
そういうショートカットにする時って、「芸能人の誰れそれ!みたいにしてください」って、リクエストするの?

私は「このカットモデルさんみたいにしてください」って言いましたと、スマホを見せてくれました。


時代はそうなんだね。

「小泉今日子みたにいしてください」「無理です」・・っていう昔のギャグがあったけど、今はカットモデルなんだね。

で、なんでショートにしたの? 今更だけど・・。

「思うように仕事ができないから、悔しくて・・」

そうか!? 向上心か。いいことだ。

西木アナ。そして、星加アナ・・・わが娘たちよ、楽しく頑張りなさい。
頑張っている奴が最後は天下を獲るのだから。
西木 恵美里 アナウンサー
 9月12日(火)の『情報ライブ ミヤネ屋』(13:55~15:50)にアシスタントとして出演

『僕をいつも愉しませてくれる人』

In Categoryヒコヒコ日誌
By田中和彦

テレビドラマ『赤シャツの逆襲』(11月24日金・19時~放送)のクランクインが近づいています。

プロデューサーの岩城一平くん(松山東ー筑波大OB)からは毎日のように新しい情報をいただきます。


写真は、法廷の撮影シーンに使う埼玉県のなんたら組合の会議室(笑) 。
たぶん最後の字幕に「協力」・・でクレジットされるんだと思います。

『赤シャツの逆襲』は佐藤二朗さんが演じる主人公・横地石太郎(当時の松山中学の教頭先生)の名誉回復と
小説「坊っちゃん」の出版差し止めを争う法廷闘争だから、ここがほとんどの撮影場所になります。

・・ということは。「陣中見舞いに東京に行ってきます」と先日のラジオで言いましたが、
正確には埼玉に・・です(笑)。

夏目漱石役の筧利夫さんにも、裁判長役の椿鬼奴さんにも早くお会いしたいです。

ちなみに(写真は控えますが)赤シャツのお墓の候補も(笑)、了解を得て決まったみたいです。

プロデューサーって大変なんだよね。でも僕をいつも愉しませてくれます。

こんなふうに楽しいことを考えていないと、やってらんない日々なのです。

岩城くん、ありがとう・・。