red orange yellow green blue pink

番組概要

 CELCO JAPAN SPECIAL オーロラが撮りたくて
〜写真家 松本紀生 18年目のアラスカ〜

【公開収録のお知らせ】

 南海放送本町会館で、公開の番組収録を行います。観覧無料ですので是非お越しください。

  収録内容:第1部「オーロラが撮りたくて」
        第2部「写真家 松本紀生が語る オーロラの向こうに」

  収録日時:5月19日(木)午後7時〜9時30分(予定)

  収録場所:南海放送本町会館パルスタジオ(松山市本町1−1−1)
        ※特別に正面玄関を開けておりますので、お堀側からお入り下さい。
        ※駐車場がありませんので、公共交通機関または自転車で来社下さい。

【愛媛ローカル放送】
南海放送テレビ、ラジオ、ウィットチャンネル(CATV)で放送。

 ◆CELCO JAPAN SPECIAL オーロラが撮りたくて 〜写真家 松本紀生 18年目のアラスカ〜
   5月28日(土)午後2時〜3時25分
 ◆トーク番組 「写真家 松本紀生が語る オーロラの向こうに」
   5月28日(土)午後3時25分〜4時

【全世界向け放送】
 南海放送IPラジオ(http://www2.rnb.co.jp/web/radio/witchannel/)で全世界向けにも同時公開!

 ※5月28日(土)午後2時〜4時(JST)の時間帯のみ閲覧可能です。
 ※パソコンでのみ閲覧可能。携帯電話、スマートフォンには対応しておりません。

番組概要:
 夏には2ヶ月間ゴムボートとテントで無人島を巡りクジラや熊など様々な動物を撮影し、冬には氷点下40度の氷河の上で2ヶ月間も待ち続け、標高6194メートルのマッキンリー山にかかるオーロラを撮影する。
 そして1年の半分は、日本で学校などを巡り美しい映像と共にアラスカの体験を語るフォトライブを行う。
 愛媛県出身の写真家「松本紀生」に密着したドキュメント番組。
 昨年放送した夏編に冬のアラスカ取材を加え、再編集を行った総集編。待望のオーロラも登場!!

松本紀生プロフィール:
1972年松山市生まれ
人生を模索していた大学生の頃、故星野道夫氏の作品に出会い、写真家を志す。その後、大学を中退し、アラスカ大学へ編入。独学でキャンプや写真の技術を習得し現在に至る。
著書『オーロラのむこうに』(教育出版)
松本紀生オフィシャルホームページ http://www.matsumotonorio.com/

提供 CELCO JAPAN グループ http://www.celco.jp/
協力 sandisk http://www.sandisk.co.jp/