red orange yellow green blue pink

フェニックス・インバータ、奇跡の復活。もうひとつの奇跡。

日曜日, 3月 6th, 2011

1月27日のブログで報告させていただいた、あのインバーターのその後の顛末期。

   * インバータとは、充電用にマッキンリーに持参した車用のバッテリーを使って、

      家庭用のコンセントが使えるように変換するもの。

      これがないと機材の充電がまったくできません。

入山直後に動かなくなったインバーター。

機材の充電ができないため、撮影断念が頭をよぎりましたが、

大山さんが奇跡的に探し出したドライバーのおかげで見事復活。

cimg4691.jpg

中央が車用の大容量バッテリー、左に見えているのが分解して修理したインバータ

しかし、本当に応急処置なので充電のたびに、

怪しげな反応・・・。

cimg4728_edited-1.jpg

それでも、がんばって機能してくれていたのですが、

数日後、ついに緑のランプが、ピ・・・ピ・・・プツン・・・と途切れたのです。

ついにご臨終です。

「あー、もうここまでか・・・」

「残りの電気で撮れるまで撮ろう・・・」

なんて、考えてはみたものの、

「いかん、なんとしても直さなければ」

と決意し・・・ではなく、松本さんから、「伊東さん直しましょう!」

と強く言われて、直すことになったのです。

最終的に直すには、回路と回路をつなげる、ハンダ付けしかありません。

しかし、ハンダなんてあるわけないし、ハンダゴテもあるわけないし・・・。

それでどうやってハンダ付けするのか。

ない脳みそを振り絞り、回転の遅い頭を回転させ考えた結論は・・・!?

・・・ここでコマーシャル。

cimg4855.JPG

さあ!へっぴり伊東も大好きのアップルサイダーはいかがですか!?

甘いものが大好きなあなた!

あなたのために、ちょっと酸味の効いたアップルサイダー。

さむーい季節に、ホット一息アップルサイダー。

マッキンリーであの松本さんもグビグビ飲んでましたよ!

カロリーが気になるあなたには、カロリーオフのアップルサイダーもあります。

アメリカの母の味、アップルサイダー!

コマーシャル終わり

(テレビ的には、ここで、あざとく30秒くらい前からもう一度繰り返す。)

それでどうやってハンダ付けするのか。

ない脳みそを振り絞り、回転の遅い頭を回転させ考えた結論は・・・!?

へっぴりー伊東が、ない頭でたたき出した答えは!?

なんと!釘を使うこと。(「なん」となんてい言うほど大げさでもないがテレビは、いつも大げさ)

釘を調理用のストーブで真っ赤に熱して、

その熱で、ハンダを溶かし、別の釘をくっつけてしまうというもの。

幸運にも?すっごく安いちゃっちいインバータだったので、ハンダ付けもめっちゃ雑。

こってりとハンダが付いているため、

余分なハンダで、くっつく可能性、大と考えたのです。

釘をペンチでつかみ、ストーブで真っ赤になるまで熱します。

真っ赤に焼けた釘をゆっくりと基盤に近づけます。

・・・ところが・・・

釘は細く、熱がすぐに逃げてしまって、ハンダがうまく溶けないのです。

ハンダが十分に溶けなければ、釘はくっつきません。

もう、これで駄目か・・・。

一度はあきらめかけたへっぴリー伊東。

(すっぐにあきらめるへっぴりー伊東)

しかし松本さんから、

「伊東さん、あきらめてはいけません。

ほかに、何か手立てがあるはずだ・・・。

うーん。

そうだ、それならば、いっそ熱した釘そのものをそのままくっつけてしまったらどうですか?」

へっぴりー伊東は、膝をポンッと叩き、「松本さん、それだ!!」

「そうだったのか。なんでそのことに気がつかなかったんだ。

これまで、俺は、目の前の釘にばかり目を奪われていた。

どうしたっていうんだ。

松本さん、ありがとう。」

へっぴりー伊東は、松本さんと固い握手を交わしたのです。

へっぴりー伊東のほほには、一筋の涙が光っていました。

*握手と涙はうそです。

松本さんのアイディアに、

座布団10枚!

発想の転換。青天の霹靂。目からうろこ。です。

小屋に戻り、釘を真っ赤に焼き、ゆっくりと基盤にくっつけます。

すると、ハンダがわずかに溶け、

手を離すと、釘が基盤にくっついたではありませんか。

ついに、釘が。釘が・・・。

へっぴりー伊東は、ふるえる手でインバータをバッテリーにつないでみます。

すると、ランプがピカリ!

「やったー! やったー!大成功!!」

インバーターは奇跡の復活をとげたのです。

伊東の目には、遠く輝くマッキンリーの頂が・・・。

よくやった、へっぴりー。

そして、これが、その奇跡のハンダ付けです。

cimg4858.JPG

しっかりとハンダで固定された釘は、

キャンプが終わるまで、きっちりとその役目を果たしたのです。

真っ白な雪面に着陸するために利用するある物とは!?意外なものです。

金曜日, 3月 4th, 2011

11-10-29.jpg

それまで見えていた黒っぽい岩や木は、

どんどんと白い雪にのまれていきます。

一面真っ白な世界。

11-10-32.jpg

ビーバーは、超低空で、ルース氷河を上っていきます。

なんだか、船で川登をしているような感覚です。

11-10-341.jpg

徐々に氷河の周りの山が高くなっていきます。

大渓谷を飛んでいるようです。

11-10-35.jpg

大きな山が目の前。

羽が岩に当たりそうです。

11-10-36.jpg

くねくねと氷河に沿って上っていき、

大きく左カーブすると、そこは、広大な広場です。

ビーバーは、雪面に着陸。

11-10-42.jpg

この着陸ですが、実は、着陸する前にちょっとした儀式みたいなことがあるんです。

儀式じゃないんですが、

広大な広場は、とにかく真っ白。

真っ白だと、高度の感覚が分からなくて、

高さを見誤ると激突してしまいます。

そこで、高さの感覚を取り戻すために、

真っ白な雪面に違う色のものを置くのです。

それが、ユニークなものなんです。

やっぱり、白だったら、黒。

手軽に黒い目印がつけられるもの・・・。

ハイ!

それは、ゴミ袋!

本当にゴミ袋なんです。

機長のポールさんは、ゴミ袋に雪だまを入れ、

着陸前に窓からゴミ袋を投げ落とすんです。

2個。

しかし、投げ落とすために窓を開けるんですが、

これは寒い!

初めてのマッキンリーの麓で最初の経験。 

何しろ、ポールさんの席の真後ろなので、

風が直撃、

息が止まりそうです。

そうやって投げ落としたゴミ袋を目安に着陸するんです。

ゴミ袋がこんなことに活用されてるなんて、不思議です。

11-10-45.jpg

ゴミ袋は、数日後に松本さんが拾いに行くのですが、

飛行機で数秒の距離は、歩くと、ものすごーーい距離。

松本さんが、肉眼で確認できなくなるくらい遠くまで歩いて行くのを見て、

改めて、広場の広さを感じましたよ!