red orange yellow green blue pink

頭隠してへっぴり腰隠さず・・・(隠れたつもりでも見えてるよー!)

日曜日, 10月 31st, 2010

こんにちは。

友達のいない伊東ディレクターです。

そうなんです。

寂しい限りなんですが、

この仕事を始めてから、友達がいなくなりました。

友達と会う約束が出来なくて、

世間さまがお休みの時は、必ずかきいれどきで、

残念な人生を送っています。

30日に放送の後、松本さんが企画して、

松本さんの同級生や友達を集めてパーティを開いてくれました。

僕も招待してもらいました。

本当に、気心の知れた友達が集まってわいわい言いながらご飯を食べるなんて、

本当に記憶にないくらいなかった事です。

皆さんいい人ばかりで、皆、松本さんの事を応援している人ばかり。

すごくうれしい事でした。

松本さんは、そんな優しさを持った人です。

何かが出来た事よりも、

出来るまでの過程を大切にする生き方は、本当に学ばなければなりません。

そして、松本さんは、人の出会いがすべての基本だと言います。

本当にそう思います。

昨日も書きましたが、

仕事の忙しさにかまけて、人のつながりを大切にしないでやってきた自分を反省しました。

松本さんの写真は、

自然も、

人も、

大切に、いとおしく思う、

そんな思いがにじみ出ているからこそ素晴らしいのだと思います。

いやー、自分の番組が恥ずかしーーーー!!

いやー、頭隠してへっぴり腰隠さず・・・。

ycyeyy0018.JPG

へっぴり腰のテントです。
松本さんが、アンカレッジで調達してくれていました。

ycyeyy0094.JPG

南東アラスカ ジュノー飛行場での松本さんです。

このブログも、何年も続けられたらいいなあ・・・でも無理かなあ・・・

土曜日, 10月 30th, 2010

愛媛ローカルでの放送が終了。

本当にあれよあれよと言ってる間に、放送が終わりました。

また、現実に引き戻されて、次の番組へとシフトしていきます。

これまでに作ってきた番組、とくにドキュメンタリー番組は、

僕は、どの番組に対しても、すごく愛情を感じています。 (もちろん僕の一方通行の気持ちですが)

取材は、どれも、数か月から、長いものでは7年に及ぶものもあります。

一人の人に密着し、その人の生活にずかずかと入り込んで、

撮影し、番組にします。

ほとんどが、昼夜を問わず、くっついて取材します。

女子高校生たち、引きこもりの青年たち、元ハンセン病患者の方、末期がん患者の方、

お遍路さん、お年寄りの方たち、様々な職業の方たち・・・。

多くの人たちの生活に入り込みます。

多分、取材される側は、やっとあのしつこいディレクターが来なくなった。

と負担が軽くなっているかもしれませんが・・・、

僕の方は、放送が終わると、ものすごく寂しくなります。

放送が終わる事で、彼らを訪ねる理由がなくなってしまいます。

その繰り返しをしてきました。

僕が、今も追っかけ続けている事件の一つに、

50年以上前にアメリカが太平洋で行った水爆実験の放射能が、

魚や日本中を被爆させていたという事件があります。

今年、4月にアメリカ原子力委員会の機密文書を国立公文書館から発見し、

事件を裏付ける事に成功しました。

事件を追っかけ初めて7年になります。

これまで、何度も番組にしてきました。

この事件同様、松本さんの生き方、アラスカの様子は、

長く取材して、番組に何度もできたらいいなあと思っています。

これは、夢です。

このブログも、合わせて何年も続けて書けたらいいなあ・・・と思います。

難しいかなあ・・・。

できるといいなあ・・・。

念ずれば花開く・・・。

ycyeyy0266.JPG

南東アラスカでテントを設営する松本さん